フィリピン英語留学を考えた (2)

2013/02/18

37e3808047553cedb34daa9b1d7ab2a3 290x290 フィリピン英語留学を考えた (2)

フィリピン留学説明会資料



先週末、フィリピン留学の説明会に行ってきました。

詳細は前回のブログより。

2社の説明会に参加しましたが、それぞれ特徴があり、とても充実した説明会でした。

1社目は「DEOW」さん。
参加人数が4人ということもあり、簡単な説明があった後に個人個人のニーズにその場で答えてくれるタイプの形式で、一緒に学校を絞って行くことが可能です。


カウンセラーの方も実際に90校の学校で体験入学をされたということで、裏事情含めとても詳しそうでした。

ここで「CIP」というクラークにある学校をおすすめされて、気持ち的にはほぼ内定。クラークはもともと米軍基地があった場所のためインフラも整備されていて過ごしやすい街だそうです。
また「CIP」はマンツーマン授業も5時間/日まで選択でき、施設もきれい。学生も真面目に勉強をしに来ている人が多く環境も良いそうです。90校回った中でもTOPクラスの学校とのこと。

続いて2社目は「留学ドットコム」さん。
DEOWとは対象的で、40名くらいの参加者が一方的に説明を聞くタイプ。
いろいろ調べたつもりだったけど、新しい情報がたくさんあって非常にためになりました。さすが実績NO1 !?

参考までに勉強内容をメモ。

===========================================
・韓国人は大学生が8割、日本人は社会人が8割。
⇒7-8月、12-2月の学校休みの期間は韓国人留学生が増えるので、3-4ヶ月前の予約が望ましい。
特に夫婦などで同部屋を希望する場合は4ヶ月前には押さえておきたいところ。

・相場は、月13万円+その他2万円=15万円(電気2千円、教材2千円、ビザ延長6千円)
⇒予算の上限が決まっていれば1-2週間期間を削ってでも良い学校を。教師&生徒、施設の質は料金に
比例。

・フィリピン留学は授業の中で勉強する、その他の時間は休む
⇒12時間(8時間授業、4時間自習)、6-7時間睡眠、他5-6時間※通学、家事などの余分な時間がかからないのが欧米留学との違い

・TOEICの点数をKPIに設定すべき
⇒仕事で使わないからTOEICは必要ないって場合も、日常会話ができれば取れる点数(650~700点)を一つの目標に。文法、リスニング、、、など苦手分野がはっきりするので、その強化にも役立つはず。
===========================================

こちらの勉強会でも「CIP」は◎評価。

我々は8月の1周目のスタートを考えているので、3月末に申込みをします。
心は「CIP」に決めていますので、粛々と手続きと、事前勉強を進める所存でございます。

※申し込みの詳細は「フィリピン留学を申し込んだ」に続きます。

yusuke;


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>