カンクンの日本人宿とATMトラブル

2013/11/11

merket0 240x240 カンクンの日本人宿とATMトラブル
カリブ海のリゾート地、カンクンにやって来ました。
カンクンは世界の絶景ビーチランキングにも入っており、チチェン・イッツァの遺跡への拠点にもなっている欠かせないスポット。

フライトはVolarisというメキシコの航空会社で、メキシコシティ~カンクン、ひとり13600円(荷物代込み)。
長距離バスだと22~28時間もかかり、フライトとほぼ金額が一緒だったので、今回は迷わずフライトを選択。


カンクンの空港から町へ向かう途中、20キロにわたって高級ホテルが連なるホテルゾーンを通ります。
それはそれはきらびやかで・・・高級リゾート地特有の無国籍感、そして夜でも平和な雰囲気。

hotel 550x412 カンクンの日本人宿とATMトラブル

いつか泊まりたい・・・



私たちが泊まったのはそんなホテルゾーンではなく、地元の人も暮らすセントロ(ダウンタウン)の日本人宿カサ吉田

オーナーのLULUさんは日本語も話せるので安心です。
スペイン語と英語を話す娘さんもいて、のちのち助けられることになるのですが・・・。

ベッドルーム・共用スペースがきれいで、過ごしやすい宿でした。

casa yoshida2 550x412 カンクンの日本人宿とATMトラブル

各国のガイドブックも揃うライブラリースペース



casa yoshida3 550x412 カンクンの日本人宿とATMトラブル

共用キッチンもきれい




私たちはエアコン付きの個室でしたが、ドミトリーや共用スペースにはエアコンが無く、部屋を出るとかなり暑く感じました。
シーズンによるのかもしれませんが。

casa yoshida1 550x412 カンクンの日本人宿とATMトラブル

写真は二人用の個室、2900円(390ペソ)、ドミトリーなら一人1100円(150ペソ)


カサ吉田には、数日だけ泊まっている旅人のほか、現地で働いている人も数人滞在しています。
なんと4年も旅しているという旅人にも出会い、キューバのお勧め宿情報や、ベネズエラ情報も聞けて満足。


カンクンに着いた翌日、ダウンタウンを一日歩き回り、最後にスーパーに寄りました。

merket2 550x412 カンクンの日本人宿とATMトラブル

スーパー内にあるATMでお金を下ろそうとしたときに事件発覚!

いつも通りクレジットカードを入れ、金額を指定し、画面の表示では取引完了。
カードが出てきて、次に明細が出てきます。

・・・が、なんと現金が出てこない。
明細上は4000ペソ(約3万円)キャッシングしたことになっているのに現金だけが出てこない!

※海外では、VISAやマスターカードなどのクレジットカードのキャッシング機能で現金通貨を下ろすことができます。
金利がかかりますが、翌月または翌々月の返済となるため、数パーセントという低い金利で利用でき便利です。

スーパーの店員さんに事情を説明するも、ATMはHSBC銀行のものなので何もできないとのこと。
ATMが見える位置にちゃんと監視カメラがついているので、いざとなったら、お金が出てこなかった様子を確認できるからと言ってもらい、少し安心。
でも、ここではもうなすすべなし。

ATM 550x412 カンクンの日本人宿とATMトラブル

協力的だった店員さんと、犯人のATM




夕方5時を過ぎていたものの、だめもとで近くのHSBC銀行の支店へ。
ここでの扱いはひどかった・・・。

英語は分からない(と英語で言われ)、「ここでは何もできない、もうクローズしているから出ていけ」とかなり強い口調で言われ、まるでこちらが悪いことをしたかのようにガードマンに私たちを外に出すように指示される始末。
いやいや、あなたのところのATMが私たちのお金を持ってる状態なんですけど。

まぁ、あとから考えたら、近隣とはいえ、支店の人からしたらATMマシーンのことは管轄外だろうし、何よりクローズの時間に対応するなんてありえないか・・・。

でもこのときの私たちの気持ちは、貴重な3万円が戻ってこなかったらどうしようと気が気でなく、たよりにしていた窓口に拒否され絶望的に。

3万円あったら、もっといいホテルに泊まれたし、夜行バスなんか乗らず飛行機で移動できたのに!!

sunset 550x412 カンクンの日本人宿とATMトラブル

気が気でなかったけど、そのとき見た夕焼けがきれいだった



トボトボと宿に帰宅。
ATMにコールセンターの電話番号が貼ってあったのでそこに電話するため、宿のオーナー宅の電話をお借りすることに。
ところが、かけてみるとスペイン語の自動音声でお手上げ・・・。

オーナーのLULUさんが不在だったので、スペイン語と英語のできる娘さんにヘルプ!
代わりにコールセンターにかけてオペレーターにつないでもらい、事情を説明してもらいました。

HSBCのコールセンターの回答は、
「こちらでは何もできないので、日本のカード会社にかけてくれ」と・・・。

いやいや、もう一回言いますけど、あなたのところの機械が私たちの3万円を持ってる状態なんですってば!
との叫びもむなしく、言葉も通じない中、これ以上HSBCと交渉するのは断念。

娘さんには本当に感謝しつつ、部屋へ戻りました。

一応、言われた通り日本のカード会社、三菱UFJニコスへ電話することに。

skype 550x412 カンクンの日本人宿とATMトラブル

スカイプで電話するyusuke


※日本へはスカイプを使って電話ができます。
クレジット15ドル~を購入すれば、海外どこにいてもネットを使って固定電話と通話ができます。

こういう場面で日本語で話せる安心感。
しかも、三菱UFJニコスの担当者いわく、カードの締め日に当該の請求がきたら差し戻しをし、私たちの口座に返金します、とのこと!

さらに、私たちは海外にいて電話番号がないためメールアドレスを知らせたら、先方から電話で話した内容がメールでも送られてきました。
ログも残って、さらに安心!
なにこの神対応!!

実際の返金は2~3ヶ月先だそうなのでまだ確定ではないものの、気持ち的にはすっかり解決。

海外ATMは、カードが吸い込まれたまま出てこないとか、お金が出てこないとか、度々トラブルはあるようです。
でも前述の4年旅している人はこれまで一度もATMトラブルはなかったそう。

とはいえ、今後私たちはできる限り
・銀行内のATMなど近くに係の人がいるところで下ろす
・表示された金額から選ぶ

(任意の金額を入れると紙幣が足りず出てこないとこがある、というブログを読んだので一応…。今回の私たちも任意の金額を入れた矢先のトラブルでした)

・・・ようにしようと思っています。


海外でのお金に関するトラブルとその対応で心身疲れ切った一日でした。。。


≪追記 2013.11.24≫
その後、ネットで確認したところ、キャッシングの履歴からきちんと消えていました!
本当によかったです。
三菱UFJニコスさんが3万円補填してくれたんだろうなぁ。。。感謝です。

ちなみに、HSBCメキシコのカスタマーセンターのアドレス宛にも、このトラブルについてのメールを送っていたのですが(ちゃんとスペイン語で)、まったく返信なし!
外国人からの面倒なトラブルは完全にスルーされてしまったようです。


kumi;


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>