【陸路での国境越え】メキシコのカンクンからグアテマラのフローレスへ

2013/11/26

guatemala 240x240 【陸路での国境越え】メキシコのカンクンからグアテマラのフローレスへ足かけ四週間と長居してしまったメキシコを抜け、この旅4ヶ国目のグアテマラに入国しました。

グアテマラは以前から楽しみにしていた国の一つ。
スペイン語の留学も予定しています。

メキシコのカンクンからグアテマラのフローレスまで陸路(バス&タクシー)で国境を越えたので、その情報をまとめておきます。
※2013年11月26日に国境越えしました


カンクンからフローレスに抜けるルートは大きく2通り。

(青)メキシコ国内をパレンケまで南下、パレンケでバスを乗り換えグアテマラに入るルート
 ・・・約22~24時間時間
(赤)カンクンからそのまま南下し、ベリーズを経由してグアテマラに入るルート
 ・・・約14~15時間(ベリーズは通過するだけ)
 ※ベリーズのVISA代金と入国税で合計約70USドル支払う必要があります

a19e3aa845a4b49601dcd1ecb466a299 550x320 【陸路での国境越え】メキシコのカンクンからグアテマラのフローレスへ

「ベリーズ」という魅惑の国名にも惹かれるけど・・・


今回僕たちは、(青)のパレンケ経由でのグアテマラ入国を選択。

もちろん、無駄にベリーズに入国して余計なお金を払いたくないという気持ちもありましたが、それ以上にこのルートの目玉?であるボートでの国境越えを体験してみたいと思っていました。

9a50268dda75a1948a0e0ee1978e4d48 550x366 【陸路での国境越え】メキシコのカンクンからグアテマラのフローレスへ

※googleから拝借



■カンクン~パレンケ へ

まず、長距離バスでメキシコのカンクンからパレンケに向かいます。

この区間は、カンクンのADO(アデオ)のバスターミナルから、一日に数本バスがて出ています。
所要時間は12時間(と窓口で言われたが、実際は14時間以上掛かった)で、料金は時間によって400~650ペソ(約3500~5000円)。
料金の違いはバスの等級の違いです。

ただし、乗り継ぎのパレンケからフローレスに向かうバスが、朝6時発の1日1本のみなので、その時間に合わせてパレンケに向かうか、前日にパレンケに到着し1泊する必要があります。

カンクンを15時45分に出るバス(約5000円)があるので、僕たちはこれに乗り、翌朝4~5時にパレンケに到着する予定でしたが、前述の通り14時間以上掛かってしまい、結局到着が朝の6時15分になりました。
特に遅れていた気配はなかったのですが・・・。


■パレンケ~国境の街「コロサル」へ

この区間は個人で行くとボート代が割高だそうで、国境越えツアーを利用するのが良いようです。
パレンケでバスを降りると、朝早いにも関わらずこのルートのツアーを提供している会社から声が掛かりました。

515b8099845cedbb043fabc0ba8fa101 550x317 【陸路での国境越え】メキシコのカンクンからグアテマラのフローレスへ

もし声が掛からなかったら、ADOのバスターミナルを出てすぐ右手にTRAVEL AGENCYがあります。


客引きのオヤジ曰く
「時間を過ぎているけど、今なら電話でバスを戻せる。通常350ペソだけど、400ペソでどうだ?」と。

相場が300~350ペソという情報は得ていたので、ここで余計に1泊するよりは、、、とこの不利な状況を考え条件を呑みました。
ちなみに、料金交渉は取り付く島まったくなし、という感じでした。

このツアーには、
・パレンケからメキシコ側国境までのコレクティーボ(ミニバン)
・国境越えのボート
・グアテマラ国境からフローレスまでのバン
が含まれています。

8c773c00c73f9616339fe370ca99187f 550x412 【陸路での国境越え】メキシコのカンクンからグアテマラのフローレスへ

私たちのほか、欧米人・メキシコ人7人が乗っていました。


出発から約1時間、朝食休憩で食堂に寄ります。
私たちは前日に買い込んだパンがあったのでそれを食べていると、周りが騒がしくなって来ました。

「石油の事故で国境が通れなくなった。パレンケに引き返すしかない。お金はどうなるか分からないが、今は引き返すしかない」と・・・。

仕方がないので一旦パレンケまで引き返し、同乗者7人とともに代理店に向かいました。

改めて代理店の人の話を聞いても状況は変わらず、新たに追加されたのは、
「既に支払ったツアー代金400ペソ(約3000円)のうち、150ペソ(約1000円)しか払い戻し出来ない」という情報のみ。

全く納得出来ませんでしたが、同乗者のうち僕ら2人とイギリス人青年を除く他の6名は150ペソを受け取り早々に帰ってきました。
皆さん日程に限りある旅だったようで、あっさりフローレスに行くことを諦めたようです。

oh my god 550x412 【陸路での国境越え】メキシコのカンクンからグアテマラのフローレスへ

「oh my god!!」こんな時も明るく楽しむ人たち。器がデカイ・・・


その後もイギリス青年と私たちの3人でフローレスに行く方法を聞いていると、代理店の方が直接別の国境まで送ってくれる、という話になって来ました。

ただし「追加で一人500ペソ(約4000円)必要だ」と。

うーん。

今日移動しないと、すでに払った250ペソを捨ててしまうことになる上に、無駄な1泊分の料金もかかるし、、、
でもあまりにも高すぎるので明日まで待ってみようか、、、
でも明日になっても同じ選択肢しかないなら、今日行ってしまった方がいいし、、、

結局、「we have no choice…」というイギリス人青年の一言で、ふたり合計900ペソ(約7000円)を支払って国境まで行ってもらうことにしました。


■国境

お金を払った僕らは、代理店の営業担当のオヤジと、なぜかついてくることになったその同僚のオジサンと一緒に国境に向かいました。

約3時間で国境の街「エル セイボ」に到着。
この街は本来通るはずだった「コロサル」よりも北側に位置します。
そして、この国境を渡る場合はボートで川を渡る必要はありません。残念。

ちなみにこの間、代理店の営業マン兼運転手のオヤジとその同乗者は、二人で缶ビールを8本空けました。
我々のお金をこうも豪快に使われ悔しい気持ちを抱きながら、僕も2本頂きました。アミーゴ!

992b0ef56da42d64a9c8638512a2bc42 550x412 【陸路での国境越え】メキシコのカンクンからグアテマラのフローレスへ

ドライバーも平気で次々と缶を空けていく・・・


国境到着後、まずはメキシコ側のイミグレオフィスに行きます。
メキシコに入国すると、通常、観光税(195ペソ)と陸路入館審査料(100ペソ)の合計295ペソが掛かります。
※飛行機での入国の場合は、航空券に含まれていることが多いそうです

ただし、「7日間以内の滞在であれば支払いの必要がない」という事前情報があり、キューバから再入国後は3日以内の滞在だったので、私たちも支払う必要がないものと考えていましたし、事前に旅行代理店でも確認していました。

同行のイギリス人青年も同じ情報を持っており、そのためメキシコを6日で抜けようとしているということでした。

しかし、いざイミグレのオフィスでスタンプをもらおうとすると「(出国税)295ペソ払え」という話になったりします。

最初のうちは抵抗してみますが、なかなか状況が変わらず「新しい法律だ」の一点張り。

そしてついに「払わないとスタンプ押さない」という感じで、仕事道具を片付けてしまいました。

さすがにここまで来てそれでは困るので、僕たちも
「取り敢えずお金は払う。でも後で大使館に確認するから名前を教えてよ」
という最後の揺さぶりを掛けてみますが、全く動じず。

仕方なく295ペソ×二人分で合計590ペソ(約4500円)を支払い、ようやくメキシコ出国のスタンプを頂くことが出来ました。

ガイドブック等でも「税金を取られる場合がある」という曖昧な記載。
正解は分からずです。

5c461e1d5b7d9273e7b8eb5582a62b63 550x412 【陸路での国境越え】メキシコのカンクンからグアテマラのフローレスへ

ここまででもうへとへと・・・


メキシコでの手続きを終え、100メートルほど歩くと次はグアテマラの入国手続きです。

グアテマラの国境も入国税が5ドルとか10ドルとか15ドルとか・・・いろいろな情報(噂?)がありましたが、入国税は払わずに済み、すぐにスタンプがもらえました。
メキシコと比べると、なんとも平和。


■国境~フローレス

グアテマラに入国してもそこは「エル セイボ」。
国境を挟み、町の名前が同じでした。

次はフローレス行きのバスに乗ります。

イミグレオフィスの前でバスを待っていると「フロ~レ~ス」と大声で叫びながらミニバンが走ってきます。
ここでしばらく停車して乗客が集まるのを待ちます。

フローレス行きは1時間に1本ほど走っているよう。

19800da5f674d151193f0d3a147332c5 550x412 【陸路での国境越え】メキシコのカンクンからグアテマラのフローレスへ

荷物はドライバーが屋根に縛ってくれます。


ここからも辛かった。

このバスには僕らのように長距離移動する人はおらず、家に帰ったり買い物に行ったりする人が近くまで乗っていくために使われており、途中で人を拾ったり降ろしたりを繰り返します。
道はそこまで悪くありませんでしたが、本来3時間ほど聞いていた道のりも、結局4時間半。
座席も固く狭く、ツライ移動でした。

カンクンを出たのが前日の夕方4時前。
グアテマラのフローレスに到着したのが夜7時半。

27時間に及ぶ移動は、途中のトラブルや追加で料金、国境での税金に関するやり取りの精神的な影響もあり、最も過酷な移動となりました。

何よりボートでの国境越えが出来なかったことが心残りですが、トラブルの多かったメキシコのことは早く忘れ、グアテマラを楽しみたいと思います!


メキシコでのトラブル;
・ATMトラブル
・キューバ行の航空券とビザ紛失

yusuke;

 


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


【陸路での国境越え】メキシコのカンクンからグアテマラのフローレスへ」への3件のフィードバック

  1. sekai 投稿作成者

    いつもありがとうございます!
    やはりそうなんですね。ここに来る途中で「勉強するならアンティグアよりシェラ」と聞いていたので、
    今のところケツァルテナンゴでの留学を考えてます!
    2週間くらい予定なので、物足りなかったらアティトラン周辺でもう1校行ってみます。

    返信
  2. ごめんなさい、間違えた。
    パナハッチェルじゃなくて他の町でした、名前忘れた。

    パナハッチェルは観光地っぽかったんで避けたんでした。
    語学学校に安宿付属式でした。

    何もやることがなくて勉強に集中出来ましたよ。

    返信
  3. グアテマラ入国おめでとうございます。
    楽しく旅をお続けください。

    私は以前、アンティグア、ケツァルテナンゴ、パナハッチェルでスペイン語を学んだことがあります。
    それぞれ個性があるので余裕があれば全て経験する事をお勧めします。

    景色も良く、のんびりできたパナハッチェルが一番好きでした。
    アンティグアあたりだと日本人が多くて勉強にはちょっと…

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>