月別アーカイブ: 2014年6月

2泊3日、サハラ砂漠ツアーへ

2014/06/30

P6281085 240x240 2泊3日、サハラ砂漠ツアーへマラケシュ発のサハラ砂漠ツアーに行ってきました。
ツアーはマラケシュで泊まった安ホテル、HOTEL AFRIQUIAで申込み、ひとり850ディルハム(1万円ちょっと)。

2泊3日の行程で、1日目はホテルに泊まり、2日目の夕方~3日目の朝、砂漠で過ごします。
砂漠をラクダでトレッキングし、砂漠にあるテントに泊まるのがハイライト。
そのほか、アイット・ベン・ハドゥ、ワルザザート、トドラ渓谷などいくつかの観光スポットを回ることができます。 続きを読む


雑貨天国!フェズとマラケシュ

2014/06/27

morocco goods 240x240 雑貨天国!フェズとマラケシュモロッコと言えば、女子が好きなかわいい服や靴・雑貨が安くたくさん揃う国。
色とりどりのスカーフやワンピース、刺繍やビーズのほどこされたスリッパ、皮のサンダル、自然素材のせっけんや化粧品・・・etc。
私たちのような荷物を増やせない長期旅行者でも、つい財布のひもがゆるくなってしまいそうなくらい、魅力的なモノで溢れています。

フェズとマラケシュで見た雑貨、おいしい物を紹介します。 続きを読む


一面「青」の世界!モロッコ・シャウエン

2014/06/26

Chefchaouen 240x240 一面「青」の世界!モロッコ・シャウエン南スペインから一日かけて移動してきて着いたシャウエン
着いたときは暗かったのでよく分からなかったのですが、翌朝外に出てみてびっくり、一面、青!

建物の壁、扉、階段、タイルが本当にみんな青いのです。
まるで学校のプールの青のような水色の近い色が多く、ほかにも濃いめのブルーやパステルカラーのような水色など、いろいろなブルーが使われていて、その組み合わせもまたきれい。
町は城壁に囲まれていて、その中が青い世界になっており、迷路のように道が入り組んでいます。 続きを読む


【世界一周費用公開】スペイン・ポルトガル

2014/06/25

2014 06 11 at 20.11.36 240x240 【世界一周費用公開】スペイン・ポルトガル長かった南米を抜け出してやってきたのはスペイン。
予算の都合で当初はざっくりとルートから削っていたヨーロッパですが、マドリードまでのフライトが安かったので、スペインとポルトガルだけ急いで回ることにしました。
今回の旅はスペインとポルトガルあわせて9日間、2ヶ国で使った金額を公開します。

【滞在日数】8泊9日
【使ったお金】103,511円
※全て二人分の金額です
※期間は2014年6月11日~6月19日の9日間
※スペイン3泊、ポルトガル4泊、バス泊1泊

【内訳はこちら】 続きを読む


【移動情報】スペインからモロッコへ

2014/06/25

go to Morocco 240x240 【移動情報】スペインからモロッコへスペインのセビーリャからモロッコのシャウエンへの移動情報をまとめておきます。
ちょっと危なかったですが(時間的に)、バスとフェリー・タクシーを乗り継ぎ、なんとか一日で移動できました。

【1】セビーリャ~アルヘシラス/バス
【2】アルヘシラス~タンジェ/フェリー
【3】船のターミナル~タンジェの町/バス
【4】タンジェ~ティトアン/バス
【5】ティトアン~シャウエン/乗り合いタクシー

セビーリャを出発したのは朝9時30分。
モロッコのシャウエンに着いたのは夜9時半だったので、ほぼ一日かけての移動になりました。 続きを読む


セビーリャ観光とホステル情報

2014/06/24

sevilla 240x240 セビーリャ観光とホステル情報スペインのセビーリャもまた、学生時代にスペイン・ポルトガル旅行に来たときに印象が良かった町で、今回も訪れました。
ポルトガルのサグレスからバスで6時間半、ひとり21ユーロ(約2900円)でした。
セビーリャは、スペイン南部の都市で、アンダルシアの州都になっています。

まずは観光客で賑わう中、さっそく町の中心のカテドラルへ。
セビーリャのカテドラル(大聖堂)は世界遺産になっていて、とても巨大でなかなか全景を写真に収められないほど。 続きを読む


ポルトガルのホステル(宿)情報/リスボン・ラゴス

2014/06/23

hostel 240x240 ポルトガルのホステル(宿)情報/リスボン・ラゴスポルトガルで泊まった宿を紹介します。
首都リスボンと、南西部の港町ラゴスの2つです。

●リスボン
Lisbon Old Town Hostel

ドミトリー(10人部屋)、ひとり1泊13.5ユーロ(約1890円)。
Booking.comで予約しました。
週末だったこと、また夏のハイシーズンだったので、少し高めだったかもしれません。
このホステルで一番よかったのは、ドミトリーの部屋が広いこと! 続きを読む


ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

2014/06/22

sagres 240x240 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへポルトガルに行くならぜひ行きたいと思っていたのがサグレス
沢木耕太郎著「深夜特急」にも出てくるポルトガルの南西端にある岬で、ポルトガルビールの名前にもなっています。
サグレスに行って、サグレスのビールを飲むことを目標に、あまり時間がないにもかかわらず、わざわざ果ての地までやってきました。

リスボンから、サグレスに近いラゴスという町までバスで4時間、さらにラゴスからサグレスへは1時間かかります。
※バスの詳細情報は下記
サグレスは、ポルトガルの最西南端であり、またユーラシア大陸の最西南端でもあります。 続きを読む


郷愁の町、リスボンへ

2014/06/21

lisboa 240x240 郷愁の町、リスボンへマドリードから夜行バスでポルトガルのリスボンへ。
バスは南米のものよりも新しくてきれいなのですが、座席が狭く、あまりゆっくり眠れずにリスボンに着きました。

スペインと同様、6月のポルトガルはすっかり夏。
連日最高気温は35度を超えていましたが、それでも日影に入ると風が涼しく、体感温度では30度もないくらい。
日本の高温多湿の気候とはずいぶん違うのを感じます。
しかも日が暮れるのが遅く、夜9時でもまだ明るいのでゆっくり観光できます。 続きを読む


古都トレドへ、ワンデートリップ

2014/06/20

Toledo 240x240 古都トレドへ、ワンデートリップマドリードからバスで1時間弱、トレドへ日帰りで行ってきました。
トレドは、かつての西ゴート王国の首都であり、中世にはイスラム教・ユダヤ教・キリスト教の文化が交錯した地。
マドリードに首都が移るまでは政治・経済の重要な拠点だったそうです。
古都と呼ぶにふさわしい、まるで中世にタイムトリップしたような雰囲気を味わえる美しい町でした。

トレドのバスターミナルからまず向かったのはタホ川にかかるアルカンタラ橋。 続きを読む