【ウユニ情報2014】 ツアー申込み方法、ホテル情報、気候条件など

2014/02/06

uyuni sunset 240x240 【ウユニ情報2014】 ツアー申込み方法、ホテル情報、気候条件など
ウユニ塩湖は真っ白な塩の大地が広がる平原で、そこに水が張ってまるで巨大な鏡のように地上を映す「鏡張り」が大人気。
青い空・夕暮れ・星空、それぞれの時間帯でとても美しい景色が見られます。
私たちの旅の中でもかなり楽しみにしていたスポットで、ウユニに行く時期に合わせてルートを決めていたほどでした。

特に1~3月の雨季や新月を狙っていく人へ、ウユニに関する情報をまとめてみました。

*新月の日は、月明かりに邪魔されず、星がさらにきれいに見えると聞いたため、私たちは2014年1月31日の新月を狙って一週間前にウユニ村に到着、10日間滞在しました。

≪目次≫
1.天候とウユニ塩湖
 ●美しい鏡張りの条件
 ●360度の星空は見えるか?
 ●雨季 or 乾季?
 ●人気の「新月」について
2.ウユニ塩湖へのツアー
3.ウユニのホテル事情
4.ウユニ村のネット環境
5.ラ・パス~ウユニのバス



1.天候とウユニ塩湖

●美しい鏡張りの条件
水の張った美しい塩湖を見るにはいくつか条件があります。

・晴れていること
(雲が少しあった方が湖面に映る景色がより美しいかも)

・雨が降ったあと
(でも雨続きだと塩湖の表面に泡が浮くことがあり、その泡が沈むまで2~3日かかる)

・風がない、または弱いこと
(風が強いと湖面がさざ波のようになってしまい、景色がきれいに映らない)

これらが揃うのはなかなか大変です。
雨季は当然のことながら雨が降る日が多いので、せっかく塩湖に行く日が土砂降りだったら台無しです。

私たちがウユニ村に到着した1月26日はほとんど終日雨。
その数日前から連日雨だったそうです。

翌27日、初めて塩湖に行ったときはとてもいい天気だったのですが、前日までの雨の影響なのか湖面に泡が浮いていて、まるで鍋に浮く「アク」のような感じでした・・・。

uyuni afterrain 400x266 【ウユニ情報2014】 ツアー申込み方法、ホテル情報、気候条件など

特に泡が多く浮いていたところ


それでも、ドライバーさんが比較的泡が少ないところまで連れていってくれて、初めて見る風景に感激しました。
その翌日に行ったときは泡がかなり減っていて、より景色がきれいに見えました。

塩湖自体はとても広く、雨季は広範囲にわたって水が張っているので、ドライバーさんが絶景ポイントを探して連れていってくれると思います。

●360度の星空は見えるか?
夜になると風が強くなってきたり、星の一部が雲に隠れることがあり、星空が湖面に映るのはなかなか難易度が高いそうです。

私たちは滞在日程に余裕があったので、天気の様子を見ながら、1月31日の新月の日も含めて5回塩湖へ行きました。
きれいな星空と、いくつかの星が湖面に映るのを見ることはできましたが、満点の星が湖面に映るのを見ることは残念ながらできませんでした・・・。
(いろいろな人のブログを見ていると、2~3月にまるで宇宙のような全面の星空を見ている人が多く、私たちが滞在していたときはあまりコンディションがよくなかったようです)

それでも、ウユニで見た青空・夕日・星空の美しさはこれまで見たことのないもので、行く度に違う表情を見せてくれるウユニ塩湖を十分堪能できたと思っています。

uyuni othercut 25 400x265 【ウユニ情報2014】 ツアー申込み方法、ホテル情報、気候条件など

ウユニ塩湖で見る景色は特別


*ブログ
ウユニ塩湖へ!【青空~夕日の鏡張り編】>>
ウユニ塩湖へ!【星空~朝日編】>>


●雨季 or 乾季?
実は「乾季」でも、鏡張りの景色を見ることができるそうです。
乾季でも雨が降ることもあったり、また塩の地面の下には水が溜まっていて、それが湧き出てきて水が張ることもあるんだとか。

私たちが滞在した雨季でも、雨が2日降らなかったあとに行ったら、あれだけ張っていた水の一部が干上がっていて、まるで乾季のときのような白い大地を見ることもできました。
ちなみに、遠近法を使ったトリックアートも、乾季の真っ白い大地の方が向いています。

uyuni othercut 01 400x266 【ウユニ情報2014】 ツアー申込み方法、ホテル情報、気候条件など

雨季まっただ中にも関わらず、乾季のような白い大地も見られました


●人気の「新月」について
新月のピンポイントを狙っても、雲や風があるときれいな星空を見ることができません。
新月でなくても、「月の出の前」または「月の入り後」など月が見えない時間帯もあるので、月の明るさが星を邪魔することなく、星空を楽しむことはできると思います。


美しい鏡張りの景色を見られるかどうかは本当に天候次第。
ウユニ滞在は2~3日という短期で来ている人とも何人か会いましたが、滞在中ほとんど雨だったという残念な話も・・・。

逆に、一発で晴天から満点の星空まで見られる人もいるそうですが、美しい鏡張りの景色を見たい方は、ウユニ滞在は余裕をもってスケジューリングするとよいかもしれません。

uyuni othercut 12 400x266 【ウユニ情報2014】 ツアー申込み方法、ホテル情報、気候条件など

晴れたときの景色は最高!


2.ウユニ塩湖へのツアー

ウユニ塩湖へ行く方法は、「ツアー」「チャーター」の2種類。
どちらもウユニ村で簡単に申し込むことができます。
※日本からのパッケージツアーなどを除く

ツアーには日帰りや1泊2日があり、列車の墓に行ったり、ウユニにある島に行ったりして、日帰りの場合は昼食付きで200ボリビアーノ(約3500円)くらい。

チャーターは、文字通りランドクルーザーとドライバーさんをチャーターし、約7時間ウユニ塩湖へ行きます。
1台800ボリビアーノ(1万2000円)くらい。
ランドクルーザーは7人乗りが基本なので、ひとり114ボリビアーノ(1700円)前後で行くことができます。
長靴のレンタル料金も含まれています。

チャーターなので時間は自由に設定できます。
・13時~20時(日中の青空メイン)
・15時~22時(青空~夕日)
・3時~10時(星空~朝日) など

※村から塩湖までは1時間半~2時間くらいかかります。
雨季は水の張っている範囲が広いため、村から塩湖の縁まで1時間、そこから景色がきれいなスポットまでさらに数十分~1時間、車で進みました。

ツアー会社は、穂高ツアーブリザツアーの2つが無難。
ドライバーさんが鏡張りのきれいな景色が見えるスポットをちゃんと探してくれたり、ウユニならではの写真を撮ってくれたりします。

申込みは方法は簡単で、ツアー会社の前に時間帯の書いた紙が貼ってあるので、名前を書いてお金を払えばOK!

私たちが着いた日は雨だったので、晴れることを期待して翌日のチャーターをブリザツアーで申込むことにしました。(それ以降のチャーターは穂高で行きました)
14時~23時(9時間)という長いチャーターのため、1台900ボリビアーノでした。

tour 02 400x300 【ウユニ情報2014】 ツアー申込み方法、ホテル情報、気候条件など

こんな紙を作り、ツアー会社の前に貼っておきます


人が集まってくれるかドキドキ!
翌日・・・

tour 03 400x300 【ウユニ情報2014】 ツアー申込み方法、ホテル情報、気候条件など

おー!6人集まってる!


さすが、日本人の多いシーズンだけあり、特に自分たちから声掛けしなくても4人のメンバーが集まってくれました。

残念ながら7人にはならなかったので、ひとり150ボリビアーノ(2250円)と少し高めとなってしまいましたが、その日は久しぶりに晴れ、晴天の日に行けることになり良かったです。

私たちは10日間の滞在中、日中~夜に3回、夜中~明け方に2回と、5回ウユニ塩湖へ出かけました。
いずれもチャーターを利用しましたが、1泊2日ツアーや、アタカマ砂漠まで行くツアーなどを織り込んでいる人も多くいました。


その他、ウユニツアー(チャーター)についての補足:

●チャーターの場合は食事はつきません。
ウユニ塩湖には店も何もなく、長い時間の滞在になるので、何か食べられるものをもって行った方がいいと思います。

●日焼け止めとサングラス、防寒着は必須!
晴れた日の塩湖は半袖でも良いくらい暖かく、日差しがとても強いです。
陽が傾き始めると急に寒くなり、星空のツアーはかなり寒いのでしっかり防寒する必要があります。

●トイレはプラヤ・ブランカ(塩のホテル)にあるようですが、かなり汚いという話も・・・。
塩湖はとても広く、プラヤ・ブランカに寄らなかったり、そこまで行くのにかなり時間がかかったりします。
一緒に塩湖に行ったメンバーも、水分を摂るのを控えてなるべくトイレに行かないようにしていました。
いざとなったら、輪から離れて・・・という方法に。

PlayaBlanca 400x266 【ウユニ情報2014】 ツアー申込み方法、ホテル情報、気候条件など

プラヤ・ブランカのすぐそばに各国の国旗が並んでいます


3.ウユニのホテル事情

ウユニ村は本当に小さな町。
そこにたくさんの観光客が押し掛けます。

もともと1~3月の雨季は日本人の多い時期であり、特に新月を狙う旅人も多い様子だったので、私たちは新月の一週間前と早めにウユニ村に入りました。
着いた翌日、その翌日と、新月に向かって日に日に観光客が増えていくのが分かりましたが、ホテルはいろいろあるので、みな最終的にはどこかに泊まれていたようです。

私たちが泊まったのはHOTEL AVENIDA(ホテル アベニーダ)
ダブルルーム・プライベートバス付きで120ボリビアーノ(1800円)です。

共同バスの部屋だと、シングル40ボリビアーノ(600円)、ダブル80ボリビアーノ(1200円)。
シャワーの時間が朝7時~夜8時半(9時?)までと制限があり、ちょうど塩湖ツアーから帰ってくる時間などは混み合っているようでした。
※2014年1月現在

アベニーダは、ウユニで日本人に有名な2大ツアー会社、穂高ツアーとブリザツアーの並びにあり、各国の旅人に人気のホテル。
バスが着いたら真っ先にアベニーダへと向かいました。

hotelavenida 01 400x300 【ウユニ情報2014】 ツアー申込み方法、ホテル情報、気候条件など

アベニーダのフロント


最初、「共同バスの部屋しか空いていない」と言われたのですが、ふと見ると、プライベートバス付きの部屋をおばさんがそうじしています。
その部屋に泊まれないか聞いてみると、すでに予約が入っていると言われ、その帳簿を見せられました。

なら明日から泊まらせてもらうことにし、名前・パスポートナンバーなどを書いていると、突然鍵を渡され、今日から泊まれるとのこと。
一体なんだったのか・・・。

しばらく滞在するつもりだったので、宿泊料金をまとめて払おうとしたところ、料金は都度(毎朝払い)で、と言われました。

空室状況や予約の管理やはあまりされていないようで・・・
また1~2泊と短い滞在の人も多く、ホテルの客の入れ替わりも激しいようなので、もし一度満室と言われても、チェックアウト後(11時以降)に聞くと、空いている可能性があるかもしれません。

新月から数日経つと日本人比率は若干減ったように思いますが、それでもアベニーダは連日ほぼ満室で、やはり人気のホテルです。

部屋にはセミダブルのベッドが2つあって布団も温かく、水量はやや少ないですが、ちゃんと温かいお湯が出ました。
部屋のシャワーには時間制限がないので、何より塩湖から帰ってきてシャワーを浴びられるのがあり難かったです。

hotelavenida 04 400x300 【ウユニ情報2014】 ツアー申込み方法、ホテル情報、気候条件など

アベニーダの部屋(机とイスもありました)


前情報ではアベニーダではネットが使えないということでしたが、Wi-Fiがありました!
途切れやすかったり、ページの読み込みに時間がかかりますが、少しでもネットが使えるとありがたいものです。

ボリビアは、ホテルのクオリティは正直あまり期待はできないですが、アベニーダはちゃんとそうじされていて、ラ・パスのHOTEL SAGARNAGA(サガルナガ)より快適だと思いました。

ただし、10日間の滞在中に一度そうじしてもらったのですが、シーツは替えてもらえませんでした・・・。
バスタオルは替えてもらえたのでよかったのですが。


いろいろな人のブログにも書かれていますが、ホテルの従業員はあまり親切ではありません。

日本人の感覚からすると、客商売として考えられない態度をとられることもありますが、それでも、アベニーダは値段・立地・清潔さ・施設など、総合力は高いと思います。

近年、日本だけでなく各国からたくさんの旅行者がウユニに訪れているこの状況での需給バランスを考えると、どうしてもホテル側の立場が強いなぁ、と10日間滞在して思いました。。。

hotelavenida 03 400x300 【ウユニ情報2014】 ツアー申込み方法、ホテル情報、気候条件など

日当たり・風通しが良く、みんな洗濯物を干していました


4.ウユニ村のネット環境

ウユニ村は、最近改善されつつあるようですが、ネット環境はあまりよくありません。
ホテル アベニーダ以外のホテルでも、ネットが使える時間が制限されていたり、そもそもWi-Fiがないホテルが多いようです。
ちゃんとネットが使いたい場合は、ネットカフェがおススメです。

アルセ広場にある売店に、ネットカフェが併設されていました。

uyuni net 400x300 【ウユニ情報2014】 ツアー申込み方法、ホテル情報、気候条件など

青い壁が目印


Wi-Fiのみ利用の場合、ひとり1時間6ボリビアーノ(90円)で、ネットがサクサクでびっくり!

ほかにもネットカフェはいくつかありますが、Wi-Fiで無く有線で、自分のPCが使えない(備え付けのPCのみ使用可)だったりします。
ネット好きの私たちは、塩湖に行かない日はここに行ってfacebookやブログを更新したり、画像をウェブ上にバックアップをとったりしていました。


5.ラ・パス~ウユニのバス

ラ・パスからウユニまでの移動は、旅行者御用達のトド・ツーリズモのバスを利用しました。
事前情報では25ドルだったのですが、250ボリビアーノ(3750円)でした。(値上がりしたのか、シーズン価格なのか不明です)

ネットで予約もできるのですが、翌日の15時までにオフィスまで足を運んで支払いをしなければならず、あまり利便性はないような・・・。

トド・ツーリズモのオフィスはバスターミナルの近くにあり、そこまで行くのが面倒だったので、ホテルの近くにある旅行会社で、特に手数料などもかからずに予約できました。

バスは、通常時は夜9時出発らしいのですが、雨季は道が悪くなるため迂回していくルートになるらしく、夜7時出発と早まっていました。
時期により出発時間が異なるようなので、当日チケットを買う人は注意が必要です!

オフィスの中はWi-Fiも使え、バスが出発するまでの時間、待つことができます。

todo turisumo 01 400x300 【ウユニ情報2014】 ツアー申込み方法、ホテル情報、気候条件など

オフィス内の待合所


トド・ツーリズモの乗客はほぼ外国人旅行者のみ。
私たちが乗った1月下旬は満席で、36席あるうちの多くが欧米人、日本人は7~8人だったと思います。

中南米のバスだと「アミーゴ、バモス!」と言われるところ、「guys,let’s go!」と、久しぶりに英語で案内されました(笑)

todo turisumo 02 400x300 【ウユニ情報2014】 ツアー申込み方法、ホテル情報、気候条件など

バス(1階席のみ)


バスが出発すると、ペットボトルの水が配られ、夕食も出ました。
毛布と枕もついていて、シートも良く、リクライニングもできます。

yusukeの前に座っていた欧米人はドン、とかなりシートを倒していたのでyusukeはとても狭そうでしたが・・・。
私の前には日本人の男性が座っていて、「シート、少し倒しますね」と断りを入れていただいて、さすが、日本人の気遣いに久々に感動。

途中、雪が積もっているところも通り、夜はかなり冷え込むので、窓際の席は少し寒いかもしれません。
私は窓際の席だったのですが、カーテンを閉めてもスースーと寒く、フードをかぶってしのぎました。

朝、ウユニ村が近づいてきてから、軽食(ヨーグルトとクッキー)が配られました。

10時頃、ウユニ村に到着。
約15時間の道のりでしたが、日によってもう少し早いこともあるようです。

トド・ツーリズモは他のバスよりかなり高いようですが、途中から人が乗ってくることもなく、みな同じような旅行者なので乗っていて安心感がありました。
別のバス会社でウユニに来た人が、バス会社のストのため途中でバスが停まったり、一部を歩かされたりで、朝に着く予定が夕方になってしまった、という話も・・・。

おおむね快適でしたが、なんとyusukeの席だけ雨漏りしていて、肩に水滴が落ちてきていたそう・・・!
不運としか言いようがありません。


以上、私たちが知る限りではありますが、ウユニに関する情報をまとめてみました。

*写真いろいろ・ウユニ写真館はこちら>>


kumi;

 


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


【ウユニ情報2014】 ツアー申込み方法、ホテル情報、気候条件など」への2件のフィードバック

  1. Yasushi Kaneko

    早ければ5月の世界一周参戦?に向け、毎回楽しく拝見しています。言葉遣いを含め、非常に丁寧作られていると思います。ほしい情報が詳細に、また丁寧にまとめられており、勝手ながら参考にさせていただきます。
    お体ご自愛いただき、世界を堪能して下さい。

    返信
    1. sekai 投稿作成者

      Kanekoさん、コメントをくださりありがとうございます。
      そうおっしゃっていただけると、とてもうれしいです!お役に立てれば幸いです。
      世界一周のスタート、もうすぐですね!お気をつけてお出かけください。
      kumi

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>