食の町、コチャバンバでシュラスコ(肉)!

2014/02/12

churrasqueria 240x240 食の町、コチャバンバでシュラスコ(肉)!ボリビア、ラ・パス→ウユニに続いてやってきたのはコチャバンバ
ウユニから標高が1000メートル下がって2500メートル、気温は20度前後と温暖で過ごしやすい町です。
高地ではゆっくりと歩いていたyusukeも(息が上がるので)、コチャバンバに着いてからはすたすたと歩くようになりました(笑)

ここコチャバンバはその気候と肥沃な土地から、食の町としても栄えているそう。
何を食べようかワクワクしながらやって来ました。

ウユニでなった食あたりからの快気祝いとして、シュラスコ(スペイン語だとチュラスコ/チュラスケリア)に行くことに!
シュラスコは、鉄串にさまざまな部位の肉を差し、炭火でじっくり焼く肉料理。

本場はブラジルという印象がありますが、ブラジルと国境を接しているボリビアでもいくつかお店があります。

向かうは、Oquendo(オケンド)通りにあるBUFALO’S RODIZIO

ホテルから30分くらい歩いて看板を発見!
SOFERというショッピングビルの中にありました。

churrasqueria 01 550x366 食の町、コチャバンバでシュラスコ(肉)!

高級感のある店構え、久しぶりでテンションが上がります


席に着くなり、食前酒のような飲み物がサーブされました。

churrasqueria 02 550x366 食の町、コチャバンバでシュラスコ(肉)!

たぶん、チチャというトウモロコシから作られたお酒


メニューはなく、自由にサラダバーをとって、運ばれてくる肉を好きなだけ食べていいようです。
テンション上がる!

churrasqueria 03 550x366 食の町、コチャバンバでシュラスコ(肉)!

豪華、サラダバー!


churrasqueria 04 550x366 食の町、コチャバンバでシュラスコ(肉)!

野菜だけでなく、お惣菜やパスタなども揃う充実ぶり


churrasqueria 05 550x366 食の町、コチャバンバでシュラスコ(肉)!

やっぱり気になる揚げ物コーナー


このサラダバーだけでも満足してしまいそう。

churrasqueria 07 550x366 食の町、コチャバンバでシュラスコ(肉)!

肉に備え、少なめに


churrasqueria 08 550x390 食の町、コチャバンバでシュラスコ(肉)!

さっそく肉登場!


churrasqueria 09 550x366 食の町、コチャバンバでシュラスコ(肉)!

好きな量だけ切り分けてくれますが、少量ずつもらうようにするのがポイント!


churrasqueria 10 550x366 食の町、コチャバンバでシュラスコ(肉)!

いろいろなお肉を持った店員さんが次々とテーブルに現れます。


churrasqueria 11 550x366 食の町、コチャバンバでシュラスコ(肉)!

楽しい!おいしい!


スペイン語なので、何の肉のどこの部位か分からないまま、どんどん食べました。
牛肉のいろいろな部位や、皮がカリッと焼けた鶏肉、砂肝のようなものなど、10種類くらいは食べたか・・・。

もう大満足、おなかいっぱい。
と言いつつ、デザートも。

churrasqueria 13 550x366 食の町、コチャバンバでシュラスコ(肉)!

ケーキ、プリン、フルーツなど、デザートの種類も豊富



値段が分からないまま店に入ってしまった私たち。
いくらなのかドキドキしつつ、お会計。

なんと、ひとり75ボリビアーノ(1100円ちょっと)。安い!!

ふたり分+コーラも頼んで、合計2300円くらいでした。
日本でシュラスコに行ったら、5000~8000円くらいでしょうか。

この安さ、そしておいしさに感動し、コチャバンバ滞在中にもう一回行ってしまいました(笑)

一度目は平日の昼間ながら、なかなかの客の入り。
次に行ったときは日曜だったせいか、家族連れで賑わっていました。

churrasqueria 14 550x366 食の町、コチャバンバでシュラスコ(肉)!

明らかにお金持ちそうな方々・・・


ボリビアでシュラスコ、おススメです!


≪お店情報≫

BUFARO’S RODIZIO
Oquendo(オケンド)通り、ショッピングセンター「Sofer」の中。
2°Piso(2階)

BUFARO RODIZIO 01 400x266 食の町、コチャバンバでシュラスコ(肉)!

オケンド通り


d7f48566f87080dc7aeed54d170d3ff1 400x266 食の町、コチャバンバでシュラスコ(肉)!

ショッピングセンターの入口


※住所の表記は2階ですが、日本人的感覚だとどう見ても「4階」です。
ショッピングセンターを入って、右手にエレベーターがあり、それに乗って行けます。

私たちは最初、エスカレーターで上がったところ、お店のある階へは行けませんでした。
エレベーターでのみ行かれるようです。

メニューは無く、席に着くとウェルカムドリンク(チチャ)が出てきて、飲み物だけ聞かれます。
あとはサラダバーをとり、回ってくるお肉をどんどん食べればOK!
デザートビュッフェも忘れずに。

ひとり75ボリビアーノでした。
(2014年2月現在)

kumi;

 


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


食の町、コチャバンバでシュラスコ(肉)!」への2件のフィードバック

  1. Yasushi Kaneko

    コチャバンバ、初耳です。シュラスコだけでも十分魅力的ですが、機会があればウユニからの交通手段と、その他の観光情報を提供いただければ幸いです。Take care and enjoy the world !

    返信
    1. sekai 投稿作成者

      Kanekoさん、コメントありがとうございます。
      ご返信遅れてしまいました!

      ウユニからは、バスでコチャバンバに行きました。
      私たちが何社かバス会社に聞いた結果、コチャバンバまでの直通はないようでしたが、
      バス会社のHPには金曜に直通便があったので、現地で聞いてみてください。
      (会社名は忘れてしまいました…すみません)

      一度オルロ行きに乗り、オルロでコチャバンバ行きに乗り換えます。

      バス会社は、アルセ広場(中心の広場)の北側に5分ほど歩いた所に集まっています。
      (衣料品の市場の北側で、地球の歩き方の地図内には「バス停」と表記されているあたりです)

      私たちは、ウユニ→オルロが一人45ボリ(約650円)、約7時間、
      オルロ→コチャバンバが一人40ボリ(約600円)、約4時間というバスでした。

      ウユニ発が20時のため、朝の3時頃オルロに到着しますが、バスターミナルなので、
      着いた時間に調度良いコチャバンバ行きのバスを捜して乗るだけなので心配ないと思います。

      ウユニは食事がいまいちなので、ウユニ後のコチャバンバは天国です笑

      観光…はあまりしていませんが、最新のブログにまとめましたので是非ご覧ください!→
      http://ashita-asatte.com/20140218/

      植嶋

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>