ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々

2014/02/21

SantaCruz 240x240 ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々
ボリビア、4つ目の滞在地はサンタクルス
(正式名称はサンタ・クルス・デ・ラ・シエラ)
ラ・パスやウユニと違い、標高も低く(400メートル)で温暖な気候。
サンタクルスはボリビア第二の都市として、外国人移住者も多く、近年人口が急激に増えているそう。

ペルー・リマの宿で出会った旅人さんにこの町に住んでいる日本人のご夫婦を紹介してもらい、立ち寄ることになりました。


ご夫婦は森山さんと言って、3年前にサンタクルスに移住されたそうです。
バスターミナルまで車で迎えに来てもらい、おうちに着いてびっくり!

SantaCruz 01 550x366 ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々

見たこともない大豪邸


SantaCruz 031 550x366 ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々

番犬のドーベルマン(この子が一番人懐っこい…)


SantaCruz 02 550x366 ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々

公園のような広い庭!


滞在中は、森山さんがいろいろなところに連れていってくれました。

SantaCruz merket 01 550x366 ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々

日本食などが売っているスーパー、オキナワ


SantaCruz merket 02 550x366 ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々

手作り豆腐が売っています


SantaCruz merket 03 550x366 ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々

しょうゆ、ソースなど日本の調味料


SantaCruz merket 05 550x366 ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々

ポカリスエットの粉末も!


ただし、値段は日本で買う2倍くらい。
地球の裏側まで運ぶので、仕方ないですね。


オキナワのすぐ近くにある韓国スーパー「YURI」はなかなかの品揃え。

SantaCruz merket 06 550x366 ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々

袋麺、いろいろ


SantaCruz merket 07 550x366 ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々

韓国食材のみならず、日本食材などもありました



森山さん以外にもサンタクルスに住んでいる日本人の方は多くいて、一緒にごはんを食べに行ったりしました。
写真右から二番目の男性は、20年前からボリビアに住んでいるそう。

SantaCruz 07 550x366 ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々

両端が森山さんご夫婦



ある日は、ボリビア人のお宅に誕生日パーティに招かれました。
森山さんのお宅の使用人の娘さんが去年赤ちゃんを産んで、その子が1歳の誕生日を迎えたそうです。

ボリビアでは、1歳と15歳の誕生日に特に大きなパーティを開いて友達や近所の人を数多く招くんだとか。

birthday 01 550x366 ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々

うれしいことに、私たちも招待状をもらいました


birthday 02 550x366 ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々

たくさんの人が集まっています


birthday 03 550x366 ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々

こちらがお母さんと赤ちゃん。かわいい!


自宅の敷地内に、この日のためにステージを作るという力の入れよう。
ピエロまで来ていました。

birthday 041 550x366 ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々

子どもがたくさん来ていて、ピエロが盛り上げます


birthday 05 550x366 ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々

このケーキは森山さんがプレゼントしたそう。大きなケーキ3つ、なんと100人分!


birthday 06 550x412 ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々

まるで記者会見のよう


サンドイッチやおかし、ジュースが配られ、また子どもたちにはおみやげのおもちゃもありました。

パーティの最後にはくす玉のようなものが割られます。
中から色のついた粉が出てきて、景品も混ざっているようで、みんな必死に取りに行っていました。

birthday 07 550x366 ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々

これでパーティは終了


ちなみに、招待状には2時開始と書いてありましたが、始まったのは4時半頃。
森山さんは「ボリビア時間」をよくご存じで、私たちが着いたのは、ちょうど始まってすぐのときでした。

予定時刻から2~3時間遅れて始まるという・・・!
これも文化なのでしょうか。


森山さんは縁あって15年前から何度かボリビアに足を運んでいたそうですが、3年前、別の日本人の方が所有する別荘の管理を任されることになり、ボリビアに移住することになったそうです。

移住されたのは森山さんが70歳のとき。
日本では、もとは大手企業に勤めていたそうですが、その後ご自分でいろいろなビジネスをやってこられ、3年前までは岩手で農業をされていたそうです。

ほかに会った日本人の方も、ボリビアで新しいビジネスを始めたり、大きな土地を持って農業をされていたりと、多彩な生き方をされていました。

私たちよりもはるかに年上の方々が、私たちよりもっと柔軟で多彩な生き方をされていて、日本から遠く離れたボリビアでイキイキと楽しく生活されているのを見て、なんだか勇気をもらった気がしました。


出かけないときは、家でゆっくり。
家にたくさんある日本のドラマや映画のDVDを見たり、ソファーでくつろいだり、庭を散歩したり。

SantaCruz 05 550x366 ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々

ソファーでくつろぐ


庭にはマンゴーがなっていて、とってそのまま食べられます。
日本だったら、買ったら1000円くらいしそう。

SantaCruz 04 550x366 ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々

甘くてとってもおいしい!



何より私たちが幸せだったのは、お母さんの作る料理を食べるとき。

餃子、ひじき、煮物、うどん、カレー・・・etc
野菜たっぷり、日本の懐かしい味に本当に癒されました。

SantaCruz 09 400x266 ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々

ある日の晩ごはん


SantaCruz 10 400x266 ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々

とれたて卵で、卵かけごはん!


風邪や食あたりから回復して、肉や中華など外食を楽しんでいましたが、やっぱり日本の家庭の味に敵うものはないですね。

アジアやヨーロッパにいたらまた違ったかもしれませんが、旅に出て4ヶ月以上経ち、やっぱり日本のごはんが最高だなと実感したのでした。

森山さん宅で幸せな日々を過ごし、心身共にすっかりと充電できました。
快適すぎて、逆に旅を再び始められるか心配です。。。

kumi;

 


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>