チリの秘境、マーブルカテドラルへ

2014/03/25

CatedraldeMarmol 240x240 チリの秘境、マーブルカテドラルへチリ北上、怒涛の一週間移動の合間で、唯一観光を楽しんだのがマーブルカテドラル
*参考ブログ:チリ北上のルート>>

マーブルカテドラルは、氷河が溶けた美しい湖にある、マーブル模様をした洞窟です。
イタリアの青の洞窟みたいな感じかな??(行ったことないけど・・・)
プエルト・トランキーロという小さい町からボートで行くことができるのですが、このあたりはまだ観光地としてあまり整備されておらず、日本のガイドブックにもほとんど載っていません。

事前に確かな情報がないまま出発したものの、運よく(?)チレチコというアルゼンチンとの国境の町からミニバンに乗ることができ、ガタガタ道を5時間かけ、トランキーロに到着しました。

道は悪かったけど、道中に見えた湖の美しかったこと!

gotoChile 07 550x366 チリの秘境、マーブルカテドラルへ

チレチコ~トランキーロの道中に見えた湖


トランキーロは、サイクリングやキャンプ・氷河トレッキングなどの拠点にもなっているようですが、本当に小さな町。
銀行ATMなどもありません。

Tranquilo 01 550x366 チリの秘境、マーブルカテドラルへ

トランキーロの町並み


Tranquilo 02 550x366 チリの秘境、マーブルカテドラルへ

湖がキラキラしていてきれい


バスが到着したインフォメーションの近くに、マーブルカテドラルまでのボートを出している観光会社がありました。
私たちが着いたのはもう夕方近く、またこのときはあまり天気が良くなかったので、マーブルカテドラルには翌日に行くことにしました。

CatedraldeMarmol 01 550x366 チリの秘境、マーブルカテドラルへ

ボートの申込みをしたところ


ボートの料金は、ひとり7,000チリペソ(約1,300円)でした。
5人いたからかもしれませんが、出発時間は自由に決められたので、翌日午前中10時半くらいに出発。

CatedraldeMarmol 02 550x366 チリの秘境、マーブルカテドラルへ

ボートに乗って出発


マーブルカテドラルまでボートで20~30分進みます。

CatedraldeMarmol 03 550x366 チリの秘境、マーブルカテドラルへ

マーブルカテドラル


CatedraldeMarmol 06 550x366 チリの秘境、マーブルカテドラルへ

マーブルカテドラル


晴れていると、太陽の光が水に差し込み、水底まで見えそう!

CatedraldeMarmol 05 550x366 チリの秘境、マーブルカテドラルへ

透明できれいな水


パタゴニアの湖は、気泡が少なく透明度の高い氷河が溶けこんでいるからか、とにかく水の色がきれいです。

CatedraldeMarmol 13 550x366 チリの秘境、マーブルカテドラルへ

洞窟に入っていくボート(左下)


CatedraldeMarmol 11 550x366 チリの秘境、マーブルカテドラルへ

洞窟の中でパシャリ


CatedraldeMarmol 12 550x366 チリの秘境、マーブルカテドラルへ

洞窟の中から外を見たときの景色


マーブルカテドラルは何ヶ所かあって、いろいろな岩の形を見ることができました。

CatedraldeMarmol 14 550x366 チリの秘境、マーブルカテドラルへ

絶景が何ヶ所も


CatedraldeMarmol 07 550x366 チリの秘境、マーブルカテドラルへ

特にきれいだったのがここ!


CatedraldeMarmol 08 550x366 チリの秘境、マーブルカテドラルへ

マーブル(大理石)模様の洞窟


CatedraldeMarmol 09 550x366 チリの秘境、マーブルカテドラルへ

不思議な色合いの岩


CatedraldeMarmol 15 550x365 チリの秘境、マーブルカテドラルへ

最後にみんなで記念撮影


1時間半という短いツアーでしたが、期待以上の美しさに感動。
みんなでひたすら写真を撮り、帰ってからの画像共有会まで楽しむことができ、とても充実した観光になりました。


≪プエルト・トランキーロの宿情報≫

私たちがトランキーロに滞在したのは3月中旬。
シーズンオフに入る直前だからか、宿探しに苦労しました。

事前に聞いていたLA PAZという宿に行くも、明らかに人気(ひとけ)がないにも関わらず、満室だからと断られてしまいました。
そのあとに行った宿も同様・・・。

ホテル・ホステルも数軒あったものの、ダブルルームで5,000円を超えるなど、かなり高いのです。

そこで、パタゴニア地方で多く見かける「CABANA(カバーニャ)」という、家をまるごと貸し出している宿を当たってみることに。
1軒のカバーニャを訪ねてみると、1泊ひとり7,000チリペソ(1,300円)になったので、そこに決定しました。

Tranquilo cabana 01 550x366 チリの秘境、マーブルカテドラルへ

カバーニャの外観。トランキーロの小さい町にもいくつかありました。


Tranquilo cabana 02 550x366 チリの秘境、マーブルカテドラルへ

リビング・ダイニング


Tranquilo cabana 03 550x366 チリの秘境、マーブルカテドラルへ

キッチン


Tranquilo cabana 04 550x366 チリの秘境、マーブルカテドラルへ

部屋は3つありました


Tranquilo cabana 05 550x366 チリの秘境、マーブルカテドラルへ

暖炉付き!ここでスープをコトコトと煮ました


トランキーロに着いた日は夕方だったので特に何もせず、翌日午前中にマーブルカテドラル観光、その次の日の朝10時半のバスでコジャイケ(コヤイケ/Coyhaique)へ移動したため、このカバーニャに2泊しました。


≪アクセス情報≫

チレチコ(Chile Chico)~プエルト・トランキーロ(Puerto Tranquilo)および、
プエルト・トランキーロ~コジャイケ(コヤイケ/Coyhaique)のルート詳細については
チリを北上せよ!(1) 4本のバスを乗り継ぎコジャイケへをご参照ください。


kumi;

 


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


チリの秘境、マーブルカテドラルへ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 河合荘新刊&アニメなど先週見た面白いニュースまとめ。 | fugutiの落書き帳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>