イースター島準備編:食材の買い出し

2014/04/06

easter food 240x240 イースター島準備編:食材の買い出しイースター島へは、チリのサンティアゴからLAN航空で向かいます。
私たちは、出発の約2ヶ月前、まだアルゼンチンにいるときにネットでチケットを買いました。
サンティアゴ~イースター島の往復で、ひとり6万6,000円。
チリにあるLAN航空のオフィスだともっと安く買うことができ、往復で420ドルくらいだそう。
その差、2万円近く!

私たちもチリに入ってからチケットを買うか迷っていたのですが、もし直近の日程が空いていなかったら、出発の日までチリで長く時間をつぶさないといけないのが嫌だったので、先にネットで買ってしまいました。

あとから聞いたら、3月下旬のチケットが1ヶ月前に買えたという人もいたので、タイミングが良ければ希望日程のチケットを安く買えるかもしれません。

さて、イースター島に行くにあたって必要なのが食材の買い出し
イースター島はその立地のせいで、チリ本土より物価が2倍近く高いのです。

短期の旅行ならレストランでいいと思いますが、アルゼンチン・チリではほとんど毎食自炊をしているので、イースター島でも自炊ができるよう食材をいろいろ買っていくことにしました。

パスタや米などの主食はもちろん、
「イースター島は野菜も高いから、いろいろ使える玉ねぎは必須!」
「ワインも買っておくといいよ」
など、すでにイースター島に行ってきた旅人さんたちに話を聞き、私たちも買物リストを作ってスーパーへ。

easter food 01 550x366 イースター島準備編:食材の買い出し

品揃え豊富なサンティアゴのスーパー


easter food 02 550x366 イースター島準備編:食材の買い出し

あっという間にカゴがいっぱい!


easter food 03 550x366 イースター島準備編:食材の買い出し

チリでは「GATO」の赤ワインがおススメ!飲みやすくてとてもおいしいです


こちらが買った食材↓

easter food 04 550x366 イースター島準備編:食材の買い出し

合計2万ペソ(約3,700円)でした



≪持って行った食材一覧≫

●野菜・フルーツ
玉ねぎ・・・5個
じゃがいも・・・2個
ピーマン・・・1個
アボカド・・・小6個
キャベツ・・・1玉
レモン・・・2個
リンゴ・・・3個

●調味料など
トマトソース(200ミリ)・・・2パック
ツナ缶・・・2缶
ソーセージ(10個入り)・・・1パック
チーズ(400グラム)・・・1パック
粉チーズ・・・1パック
とうがらし・・・1パック
マヨネーズ・・・1パック
ケチャップ・・・1パック
はちみつ・・・1パック
カレールー・・・1箱 *日本から持ってきたもの
(その他、しょうゆ、コショウ、コンソメ、ほんだしなど常備している調味料も)

●主食
パスタ(400グラム)・・・3袋
米(1キロ)・・・1袋
食パン・・・1袋
袋麺・・・2袋(中国系スーパーで買ったもの)
*中国スーパーの場所はこちらのブログの下記参照:サンティアゴの宿情報と見どころ>>

●飲み物・スナック
ワイン(紙パック・2リットル)・・・2本
牛乳(1リットル)・・・1本
コーヒー・・・1瓶(残り半分くらい)
お茶のティーパック・・・1箱
ポテトチップス・・・2パック

≪現地で買う予定のもの≫
豚肉
ひき肉(買う予定だったもののイースター島で買えず。下記参照)
トマト
バター


当然、バックパックには入らないので、新たなビニールのバッグを購入。
食材はバックパックに入れて預け荷物に、新しく買ったバッグに洋服などを詰めました。

easter food 05 550x366 イースター島準備編:食材の買い出し

ビニールのバッグの大きさ(右に置いたのが1.5リットルの水のペットボトル)


ワイン4キロ、パスタ1.2キロ、米1キロ、キャベツまるごと1個で1キロ以上などなど・・・予想通り相当な重さに。

サンティアゴ~イースター島のフライトは、集合時間などは国際線扱いで早めなのですが、同じチリ国内なので食材の持ち込みなどはOKのよう。
預け荷物はふたりで3つになりましたが、何の問題もなく預けられました。

いつもの私たちの預け荷物の重さは、バックパック2つで約24キロなのですが、今回はなんと合計44キロ!
つまり、食材だけで20キロにもなりました。

なお、イースター島からの帰りは野菜・果物などの食材を持って帰ることはできず、大きな荷物もX線検査があるそうなので、使い切る必要があります。


これらの食材で作る予定のメニューは、
・スパゲッティ ミートソース
・ナポリタン
・焼きそば(ソースの粉をもらったので、パスタ麺で作る予定!)
・ハンバーグ
・カレー
・キャベツの浅漬け
・観光に行く日に持っていくサンドイッチ(アボカド・トマト・ツナ)

など。

ところが、実際にイースター島に来てみると、牛肉や豚肉などは買えるものの、「ひき肉」はありませんでした。
よって、ミートソースとハンバーグは作ることができず、代わりにトマトとチーズのパスタを作ることに。

また、観光中は忙しくて途中でごはんを食べることはなく、パンはすべて朝ごはんとして食べました。

物価は、聞いていた情報の通り、パスタや米などの食材はチリ本土の2倍くらいの価格。
ビールやワイン、精肉は1.5倍くらいの価格でした。


実際に作ったメニュー。

tomato 400x266 イースター島準備編:食材の買い出し

トマトとチーズのパスタ


naporitan 400x266 イースター島準備編:食材の買い出し

ナポリタン


yakisoba 400x266 イースター島準備編:食材の買い出し

パスタ麺で作った焼きそば!


rice 400x266 イースター島準備編:食材の買い出し

ケチャップ・しょうゆ・バター・コンソメでタレを作ったロコモコ丼風のもの


ramen 400x266 イースター島準備編:食材の買い出し

辛いラーメン&野菜炒め


curry 400x266 イースター島準備編:食材の買い出し

カレー(チーズのせ)


tsukemono 400x266 イースター島準備編:食材の買い出し

ほんだしと塩で漬けたキャベツ


などなど。(ほとんどyusuke作)


私たちは日本人宿・ハレカポネに泊まっていますが、他のみなさんもチリ本土から食材を持ってきている人が多いです。
帰っていく人たちから余った食材やワインをもらうこともあり、観光に自炊にと(笑)、楽しく過ごしています。

イースター島にあるスーパーはあまり品揃えもよくないので、ある程度滞在する予定のある方は食材を持っていくことをお勧めします!


おまけ。
イースター島では作りませんでしたが、カルボナーラもお気に入りの自炊メニューです。

carbonara 400x266 イースター島準備編:食材の買い出し

牛乳で作ったカルボナーラ



kumi;

 


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>