大失敗!ボリビアからパラグアイへの移動ルート

2014/05/16

gotoAsuncion 240x240 大失敗!ボリビアからパラグアイへの移動ルートボリビアのサンタクルスからパラグアイの首都のアスンシオンへは直通の長距離バスが通っているのですが、悪路やらバス故障やらで予定時間を大幅に遅れるのが当たり前という、南米の中で最悪とも言われるルート。

バス所要時間は、予定では約20時間だそうですが、30時間近くかかるのが普通で、最長記録では40時間かかったという話も!
しかもテンションの落ちる古いバスで、エンジントラブルが多く、暑い中停まったバスの中で6時間待ったとか、土埃が舞う道を走るため、窓を開けていなくても全身ほこりまみれになるとか・・・、悪評が絶えません。

このルートだけはどうしても通りたくなく、かといって飛行機だと3万円以上するため、どうしたものか悩んでいました。

サンタクルスのバスターミナルで聞いてみたところ、アルゼンチンのフォルモサという町を経由するルートなら、金額は高くなるけれども道が良いとのこと。
道がよければ遅れることも少ないだろうし、アルゼンチンを通るならそんなにひどいバスでもないだろうとアルゼンチン経由で行くことにしました。

ただし、ボリビアからアルゼンチンを通ってパラグアイへ入るため、入国・出国を繰り返すので、それは多少めんどくさそうでしたが、これまで南米をまわってきた感じから、アルゼンチンを通るなら…というちょっとした安心感もありました。

・・・ところが、結論から言うとこのルートを選んだのは大失敗!

確かにバスの質は良く、また道もよくてバスの揺れもあまりなかったのですが・・・
バスの乗り換えが3回も発生し、その待ち時間が異常に長く、トータルで43時間もかかってしまったのです!

国境でバスの乗り換えがあることはバス会社からも聞いていたのですが、乗り換えはその1回で、すぐに出発するという話だったのに、まんまと騙されました。
チケットを買うとき、地図を見ながら時間とルートを何度も確認したのにー!

私たちのルートを選ぶような人はいないと思いますし、仮にいてもお勧めできませんが(笑)、これもボリビアの最後の思い出にとルート詳細をまとめておきます。

map1 大失敗!ボリビアからパラグアイへの移動ルート

サンタクルス~フォルモサ~アスンシオンのルート


買ったのは、ボリビア・サンタクルス~アルゼンチン・フォルモサまでのバスチケット、560ボリビアーノ(約8400円)。

※フォルモサはパラグアイに近い町で、アスンシオンまで近いので、フォルモサに着いてからアスンシオンのチケットを買うつもりでした。


●一日目 夜9時過ぎ
ボリビア・サンタクルスを出発します。
なんとびっくりな良いバス。
たまたま新しいバスに当たったらしく、これまでのバスの中でも1位・2位を争うほどのクオリティに期待を持って乗車しました。

gotoAsuncion 01 400x266 大失敗!ボリビアからパラグアイへの移動ルート

3列シートで、2階席の最前列だったので広々・快適でした


●二日目 午前中
約10時間後の朝7時頃、ボリビアとアルゼンチンの国境の町、ヤクイバ(ジャクイバ/Yacuiba)に到着。
バスターミナルに降ろされます。

国境までどうやって行くのか迷っていると、係のおばさんとおじさんのような人がいて、言われるままにタクシーに乗って約10分、イミグレーションへ。
ふたりで10ボリビアーノ(150円)と言われるも、タクシーに乗ることなんて想定しておらず、手持ちのお金が5ボリビアーノしかなかったので、5ボリだけ払いました。

同乗のおばさんが払ってくれたものの、この時点でやられたなーと思い始めます。

gotoAsuncion 02 400x266 大失敗!ボリビアからパラグアイへの移動ルート

ヤクイバのイミグレーション


ボリビア出国とアルゼンチン入国を済ませ、アルゼンチンの町、ポシトス(Pocitos)に入ったのが8時頃。
すぐにバスに乗ってもフォルモサに着くのは夜になってしまうので、場合によってはフォルモサに1泊するしかないなぁ、と思っていました。
さてバスはどこかと思い、おばさんが発行してくれたチケットを見てびっくり。
バスの出発時間が「16時」になっています。

※アルゼンチン時間では+1時間ですが、ボリビア時間で表記しています

gotoAsuncion 03 400x266 大失敗!ボリビアからパラグアイへの移動ルート

チケットを発行するおばさん


この時点でこのルートが失敗だったと悟ったのでした。

フォルモサに着くのは明朝・・・。
「早ければ今晩にもアスンシオンに着けるかも」という希望が完全に断たれたばかりか、今から8時間も時間をつぶさなければなりません。

8時間もここにいるとなるとアルゼンチンペソも必要になり、手持ちの米ドルを両替してもらいました。
20ドルが200ペソに。
ブエノスアイレスの闇両替よりはレートは悪いですが、正規レートよりはお得です。

とりあえず、5分ほど歩いてバスターミナルへ移動。

gotoAsuncion 04 400x266 大失敗!ボリビアからパラグアイへの移動ルート

線路を横切ってバスターミナルへ


gotoAsuncion 05 400x266 大失敗!ボリビアからパラグアイへの移動ルート

予想通り、小さいバスターミナル


ターミナル使用料として、さっそくひとり10ペソ(約100円)払いました。
小さいですがカフェがあったので、ここで時間をつぶします。

gotoAsuncion 06 400x266 大失敗!ボリビアからパラグアイへの移動ルート

ターミナル内のカフェ


ターミナルではWi-Fiが使えなかったため、途中一度セントロへ出てネットが使えるところを探しに行きました。
ネットカフェは閉まっているし、ホテルにお願いしてWi-Fiパスワードを教えてもらったものの使えず・・・。
親切なお兄さんが自分の携帯でテザリングしてくれたので、アスンシオンの宿に到着が翌日になる連絡を入れました。

余談ですが、このお兄さんとの会話がちょっとおもしろかったです。
「日本の宗教は何?」「神様はいるのか?」という話から、「じゃあ日本語で神様ってなんて言うの?」と聞かれたので、「『カミ』か『カミサマ』かなぁ」と答えました。

すると、「カミサーマ!」とうれしそうに言い、続いて「ドラゴンボール!!」と言うのです。

あー、ドラゴンボールの神様ね!!
南米でも日本のアニメが大人気ということが分かった一コマでした。

kamisama 大失敗!ボリビアからパラグアイへの移動ルート

南米でも有名!


●二日目 夕方~夜

ようやく夕方になり、バスが出発します。
乗り込んだバスはサルタ行きで、フォルモサへ行く人は途中でバスを乗り換える必要があるようです。
ここまでくるともはや「またか…」としか思いません(笑)

gotoAsuncion 07 400x266 大失敗!ボリビアからパラグアイへの移動ルート

Flecha社のバス


途中、2回ほど検問があり、大きな荷物の検査もありました。
出発して2時間半、「ルート81」で降り、10人くらいの人たちとともに路上でバスを待ちます。
もう日も暮れて暗い中、道路脇の道端でバスを待つという、これまでにない経験でした。
2時間も待った頃、夜8時半にようやくバスが到着しました。


●三日目 朝

約10時間後の翌朝7時、ようやくフォルモサに到着。
この時点で、当初フォルモサに着くと言われた時間から12時間の遅れ!
きっとボリビアのバス会社の人も、国際バスだし、アルゼンチンに入ってからこんな乗り換えになっているということを知らなかったのでしょう。

ようやく最後のバス、アスンシオン行きを探すも、昼12時半の便しかありません。
もうアスンシオンまで近いというのに、ここでも5時間の足止めが決定。

gotoAsuncion 08 400x266 大失敗!ボリビアからパラグアイへの移動ルート

フォルモサのバスターミナル


フォルモサ~アスンシオンは、EL PULQUI社のバスで106アルゼンチンペソ。
アルゼンチンペソが足りないため、クレジットカードで払いました。
正規レートなので約1340円です。

gotoAsuncion 09 400x266 大失敗!ボリビアからパラグアイへの移動ルート

サンドイッチとお菓子を購入


このバスターミナルでもWi-Fiは使えません。
パソコンやスマホの残りの電池も少なくなっており、特にすることもなく、長い待ち時間でした。

12時半にバスが出発。
gotoAsuncion 12 400x266 大失敗!ボリビアからパラグアイへの移動ルート

EL PULQUI社のバス


アルゼンチン出国・パラグアイ入国は割とスムーズに済みました。

gotoAsuncion 10 400x266 大失敗!ボリビアからパラグアイへの移動ルート

イミグレーション


gotoAsuncion 11 400x266 大失敗!ボリビアからパラグアイへの移動ルート

残った少額のペソをパラグアイの通貨に両替


●三日目 午後

バスはパラグアイの首都、アスンシオンへ向かいます。

gotoAsuncion 13 400x266 大失敗!ボリビアからパラグアイへの移動ルート

アスンシオンまであと少し!


出発から約4時間、夕方近い時間にゴールのアスンシオンに到着!
長かった・・・。
日曜の夜にサンタクルスを出て、アスンシオンに着いたのは火曜の夕方でした。

バスに乗っていた時間は合計26時間(10時間+2時間+10時間+4時間)で、毎回降りるのでさほど長く感じなかったのですが、待ち時間がとにかく長くて結局丸二日もかかってしまいました。

こんなことなら、おとなしく直通バスを選ぶべきでした・・・。
でも質の悪いバスに乗りっぱなしで30時間というのは相当キツイ!

もし道の良いアルゼンチンルートで行く場合は、サルタなどの大きな都市を通って、そこで1泊するようなプランだと良いのかもしれません。


kumi;

 


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


大失敗!ボリビアからパラグアイへの移動ルート」への2件のフィードバック

  1. こんな素晴らしいブログがあるとは知らず、自分達もやってしまいました。
    サンタクルスの国際便のどんつきの一番左側のバス会社です。
    このチケットでアスシオンまで行ける。乗り換えない。3列シートのカマだ。明日の20時にはアスシオンに着ける。ご飯もでる。すべてウソでした。至らず嘘を見破れませんでした。道が良かったのはホントでした。
    チケットも国境の町ヤクイバまでしか行けないものでした。もちろん追加料金を請求されました。
    現在ポシトスで11時間の待ち時間をつぶすためガソリンスタンドでネットしてます。
    皆さん気を付けてください!!

    返信
    1. sekai 投稿作成者

      コメントありがとうございます!
      ・・・なんと、私たちと同じバスを選んでしまったのですね!!
      あれは騙されますよねー、自信満々にルートの説明されますからね。
      というか、彼ら(ボリビアのバス会社の人たち)も、実際のルートを知らないんじゃないかと思ったり。。。
      いろいろありますね、ボリビア旅!
      11時間の待ち時間、せめてネットが使えたようでよかったですね。
      無事に着きますように! Kumi

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>