パラグアイから弓場農場へのアクセス

2014/06/01

gotoYUBA 240x240 パラグアイから弓場農場へのアクセスパラグアイのシウダー・デル・エステから、ブラジルの弓場農場への行き方についてまとめておきます。

イグアス移住地のペンション園田からシウダー・デル・エステまでは車で30~40分。
シウダー・デル・エステは国境の町で、免税店が多くあり、電化製品などが安く買えるそうです
私たちは時間がなかったので行きませんでしたが、イミグレーションの近くにも大きなお店がありました。

また、道に両替商の人が多くいます。
私たちはすぐに市内バスに乗る予定だったので、米ドルで20ドル分だけ両替してしておきました。
ブラジルに入ると、町中で銀行のATMをなかなか見つけることができなかったので、ここで両替しておいて正解でした。

gotoYUBA 01 550x366 パラグアイから弓場農場へのアクセス

パラグアイのイミグレーション


パラグアイの出国をすませたら、橋を歩いて渡ります。

gotoYUBA 02 550x366 パラグアイから弓場農場へのアクセス

パラグアイとブラジルの間にかかる橋


gotoYUBA 03 550x366 パラグアイから弓場農場へのアクセス

ブラジルの国旗が見えたらもうすぐ!


歩いて15分くらいでブラジル側へ着き、入国手続きはスムーズに終わりました。

そこはフォス・ド・イグアスという町。
※時差が1時間あるので注意!パラグアイより時間が1時間進みます。

夜行バスのチケットを買うため、国境からバスで長距離バスターミナルへ移動します。
通常の市内バスは2.85レアル(約130円)ですが、このバスは少し高くて4.5レアル(約200円)でした。

フォス・ド・イグアスから弓場農場へは、4本のバスを乗り継いで行く必要があります。

【1】フォス・ド・イグアス~ロンドリナ
夜9時40分発、翌朝6時着(約8時間)
GARCIA社で、次の【2】のバス(アラサトゥーバ行き)も一緒に買って、合計173.76レアル(7990円)。

gotoYUBA 04 550x366 パラグアイから弓場農場へのアクセス

GARCIA社の窓口


長距離バスターミナルでは荷物を預けることができます。
ひとり5レアル(230円)でした。

gotoYUBA 05 550x366 パラグアイから弓場農場へのアクセス

荷物を預けるところ


gotoYUBA 06 550x366 パラグアイから弓場農場へのアクセス

バスターミナル内の食堂みたいなところ


gotoYUBA 07 550x366 パラグアイから弓場農場へのアクセス

バスはピカピカで快適!


【2】ロンドリナ~アラサトゥーバ
6時30分発、13時着(5時間半)

朝6時半に着く予定だったのが、予定より早く6時にロンドリナに到着。
当初10時30分バスのチケットを買っていたのですが、GARCIA社の窓口で早い時間に変更することができ、変更料金などはかかりませんでした。

gotoYUBA 08 550x366 パラグアイから弓場農場へのアクセス

大きい!ロンドリナのバスターミナル


【3】アラサトゥーバ~ミランドポリス
14時30分発、15時30分着(1時間)

アラサトゥーバに着き、REUNIDAS社の窓口でミランドポリス行きのチケットを買います。
1時間半後の14時30分出発とのこと。
16.64レアル(765円)

gotoYUBA 09 550x366 パラグアイから弓場農場へのアクセス

REUNIDAS社の窓口


gotoYUBA 10 550x366 パラグアイから弓場農場へのアクセス

バス


【4】ミランドポリス~弓場農場(30分)
いよいよ弓場農場に近い町、ミランドポリスです。
バスが到着したのは15時半。

小さなバスターミナルで、先ほどのバスと同じREUNIDAS社の窓口で、「YUBA」に行きたい旨を伝えます。
ここまで来ると、「YUBA」と言えば通じます。

gotoYUBA 11 550x366 パラグアイから弓場農場へのアクセス

バス会社の窓口


バスは1日に数本しかなく、次は18時とのこと。
2.95レアル(135円)

2時間半待たなくてはなりません・・・。

タクシーだと去年の情報で50レアルかかったそうですが、去年と比べてバスの料金などが軒並み5%程度値上がりしているので、今乗るともう少し高いかもしれません。

というわけで、あきらめて待つことにしました。
ミランドポリスのバスターミナルはとても小さいですが、待合室のようなところがあったので、待ちやすいです。

gotoYUBA 12 550x366 パラグアイから弓場農場へのアクセス

待合ルーム


ちなみに18時のバスが最終で、これより遅い時間にミランドポリスに着く場合は、タクシーで行く必要があります。
バスは、これまでの長距離バスとは違い、市バスでした。

前から乗って料金を払い、回転バーを通るのですが、大きな荷物があるときはバス中央の扉を開けてもらって、先に荷物だけ中に入れることもできます。

18時半頃、無事に弓場農場に到着。
フォス・ド・イグアスを出たのが前日の夜9時半だったので、20時間以上の移動でした。

map1 2 パラグアイから弓場農場へのアクセス

フォス・ド・イグアス~ロンドリナ


map2 2 パラグアイから弓場農場へのアクセス

ロンドリナ~アラサトゥーバ~ミランドポリス


ちなみに、ブラジルに入ってから、バスターミナルのトイレでほとんど紙がついていました。
手をふく紙もあるところもあり、こういうちょっとしたことがうれしかったりします(笑)


私たちはフォス・ド・イグアスに着いて夜行バスのチケットを買い、荷物を預けたあと、イグアスの滝へ観光に行きました。
ブラジル側から滝を見て帰ってきて、フォス・ド・イグアスの町を歩き、夜ごはんを食べても、バスまでたっぷり時間がありました。

観光で疲れたおかげで、長時間の移動中よく眠れました。


kumi;

 


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>