雨の中、イグアスの滝へ(ブラジル側)

2014/06/09

iguazu taki 240x240 雨の中、イグアスの滝へ(ブラジル側)パラグアイのシウダー・デル・エステからブラジルへ入り、イグアスの滝へと出かけました。
今から3ヶ月前にブエノスアイレスにいた私たち。
そのときにアルゼンチン側からイグアスの滝を見に行く予定でしたが、ブエノスアイレスからはバスで24時間かかることに怖気づき、パラグアイに行ったときにブラジル側から見に行くことにしました。

ブラジル側のイグアスの滝の拠点となる町、フォス・ド・イグアスには泊まらず、その日の夜行バスで移動する予定だったため、長距離バスターミナルで大きな荷物を預けました。

イグアスの滝へは、フォス・ド・イグアスの近距離バスターミナルから行くことができるため、市内バスで移動します。
120番の「Parque Nacional」のバスに乗ります。
2.85レアル(約130円)。

iguazu taki 01 550x366 雨の中、イグアスの滝へ(ブラジル側)

バス乗場


私たちは、長距離バスターミナル→近距離バスターミナル、近距離バスターミナル→イグアスの滝と、2本の市内バスを乗り継いで行ったのですが、1回分の料金で行くことができました。
(近距離バスターミナルでは、ターミナルに入るときに料金を払うシステムです)

近距離バスターミナルから約30分、途中、空港を経由してイグアスの滝のビジターセンターに到着しました。
国立公園の入場料+園内のバス料金も込みで、ひとり49.2レアル(2260円)。

この日はあいにくの雨。
そしてとても寒く、オフシーズンということもあり、ガラガラでした。

iguazu taki 02 550x366 雨の中、イグアスの滝へ(ブラジル側)

ガラガラの入場券窓口


バスに乗って園内を移動します。

iguazu taki 03 550x366 雨の中、イグアスの滝へ(ブラジル側)

園内を走るバス


iguazu taki 04 550x366 雨の中、イグアスの滝へ(ブラジル側)

Hotel das Cataratasで下車


小雨が降り続いていたので、マチュピチュのときに買ったレインコートを着用。
ここから滝壺に向かって20~30分歩いて、いろいろな角度から滝を見ます。

iguazu taki 05 550x366 雨の中、イグアスの滝へ(ブラジル側)

スタート地点


P5270803 550x366 雨の中、イグアスの滝へ(ブラジル側)

遊歩道に沿って進みます


P5270771 550x366 雨の中、イグアスの滝へ(ブラジル側)

見えた!滝


P5270787 550x366 雨の中、イグアスの滝へ(ブラジル側)

滝の全景が見られるのがブラジルサイドの特徴


P5270776 550x366 雨の中、イグアスの滝へ(ブラジル側)

小雨の中記念撮影


晴れていたら青い空と滝の組み合わせがきれいだっただろうに・・・
この日は雨が降っていて、空はどんより。
虹も見ることはできませんでした。

P5270815 550x366 雨の中、イグアスの滝へ(ブラジル側)

ここがメインの滝壺


P5270844 550x366 雨の中、イグアスの滝へ(ブラジル側)

遊歩道で滝の近くまで行くことができます


P5270818 550x366 雨の中、イグアスの滝へ(ブラジル側)

小雨と水しぶきで全身びしょ濡れに!


P5270816 550x366 雨の中、イグアスの滝へ(ブラジル側)

近づくと迫力を感じます


P5270838 550x366 雨の中、イグアスの滝へ(ブラジル側)

さらに近くへ


滝が落ちるのを上からも見ることができました。

P5270850 550x366 雨の中、イグアスの滝へ(ブラジル側)

上から見た滝


P5270859 550x366 雨の中、イグアスの滝へ(ブラジル側)

公園内にたくさんいたハナグマ


暑い季節だったら、薄着(水着)で行って、濡れてもすぐに乾いて楽しめたのかもしれません。
私たちが行った日はとても寒かったので、しっかり厚着をしてレインコートで全身防水していましたが、雨だか水しぶきだか分からずにびしょ濡れになる感じもまた楽しかったです。


帰りもバスに乗ってフォス・ド・イグアスの町へと帰りました。

iguazu taki 06 550x366 雨の中、イグアスの滝へ(ブラジル側)

セントロ行きの市バス


kumi;

 


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>