サンパウロ観光とホステル情報

2014/06/16

saopaulo 240x240 サンパウロ観光とホステル情報二週間過ごした弓場農場の次に向かったのはサンパウロ
弓場農場近くのミランドポリスからサンパウロまでのバスは120レアル(約5500円)、20時40分発で翌朝6時半くらいに到着しました。
弓場農場での日々>>

バスはが着いたのはBarra Funda(バハ フンダ)のバスターミナル。
予約していたホステルまで1~2駅だったのですが、ワールドカップ直前のこの時期、地下鉄が数日間ストしていて、この日も動いていませんでした。
仕方ないので歩くことに。
荷物もあったので、30分くらいかかってしまいました。

ホステルに着いたのは朝7時半と早かったのですが、オーナーさんのお父さんがとても親切で、チェックイン前にもかかわらず、いれたてのおいしいコーヒーと朝食をいただきました。

また、ネットも高速!
弓場農場ではあまりネットが使えなかったので、久しぶりに調べごとや各サイトの更新などをしたあと、荷物をロッカーに入れて町へ出てみることに。
※サンパウロのホステル情報はブログ下記参照

地下鉄が使えないので、歩いて中心地のSe(セー)駅あたりまで行ってみます。
遠回りしてしまったこともあり、40分くらいかかりました。

saopaulo 01 550x366 サンパウロ観光とホステル情報

カテドラル・メトロポリターナ


saopaulo 02 550x366 サンパウロ観光とホステル情報

中に入るとステンドグラスが


saopaulo 03 550x366 サンパウロ観光とホステル情報

カフェの前にいた謎のウサギ


弓場農場で会った旅人さんのお勧め、ビルの上からサンパウロの町並みを眺められる「Altino Arantes」へ行ってみます。

saopaulo 09 550x366 サンパウロ観光とホステル情報

ビルの案内の看板


saopaulo 04 550x366 サンパウロ観光とホステル情報

こんなビルです


ビルに入ると行列ができていました。

saopaulo 05 550x366 サンパウロ観光とホステル情報

ビルの中


私たちが並ぶとすぐに入口の扉が閉められました。
時間をみると3時。
どうやら、偶然にも受付終了ギリギリの時間に入れたようです。

展望台に入れる人数が限られるため、30~40分並んで受付で荷物を預け、エレベーターを乗り継いで上へあがっていきます。
入場は無料です。

saopaulo 06 550x366 サンパウロ観光とホステル情報

最後は階段で展望台へ


あいにくの曇り空でしたが、遠くまで高いビルやアパートが立ち並ぶサンパウロの町を一望することができました。

saopaulo 07 550x366 サンパウロ観光とホステル情報

ところどころカラフルな建物も


saopaulo 08 550x366 サンパウロ観光とホステル情報

二人の写真も撮ってもらいました


並んだわりに、頂上にいられるのはほんの5分程度。
せかされるように、また階段とエレベーターを使って下ります。


帰りもまた歩いて宿へ。
ワールドカップが近いこともあり、グッズを売る店も大賑わい。

saopaulo 10 550x366 サンパウロ観光とホステル情報

グリーン×イエローのブラジルカラーだらけ


駅(メトロではない)で列車を待つ人を上から見た図。

saopaulo 11 550x366 サンパウロ観光とホステル情報

すごい混雑でした



小腹がすいたときのお勧めは、三角の形をした揚げ物。
COXINHA(コシーニャ)といって、中身はじゃがいもではなくマンジョカです。
鶏肉なども一緒に入っていて、とてもおいしいです。

saopaulo 13 550x366 サンパウロ観光とホステル情報

ブラジル風コロッケ、コシーニャ



サンパウロ美術館(MASP)も見どころのひとつ。
偶然にも、サンパウロ最終日の火曜日は美術館の入場無料の日で、フライトまで時間があったので行ってみました。
あまり絵画が分からない私たちですが、モネ、ピカソ、ゴッホなど有名な画家の絵や、中世の宗教画がたくさん並び、見ごたえがありました。

saopaulo 12 550x366 サンパウロ観光とホステル情報

中は写真が撮れないので外観だけ


サンパウロは移動の中継地点だったので短い滞在でしたが、1泊2日のわりにしっかり観光できました。


≪サンパウロの宿情報≫
Sao Paulo Wanderlust Hostel

SaoPaulo hostel 01 400x266 サンパウロ観光とホステル情報

外観


金額:
ドミトリー、1泊ひとり22.5レアル(約1030円)。
booking.comで予約しました。
ワールドカップの時期、他のホステルが軒並み通常の倍以上の金額の中、ここは安かったです。
(その後少し値上がりしたようですが…)

3段ベッド×3台の9人部屋で、狭いです。

SaoPaulo hostel 02 400x266 サンパウロ観光とホステル情報

部屋


アクセス:
Rua Vitorino Carmilo, 51, サンパウロ
赤い地下鉄(3番)のMal.Deodoro駅、またはSanta Cecelia駅から歩いて5分くらい。
看板などは出ていないので、通りの名前と住所の「51」が目印。

キッチンあり、朝ごはんつきで、おいしいコーヒーが飲めます。
Wi-Fi高速!

SaoPaulo hostel 03 400x266 サンパウロ観光とホステル情報

キッチン


バスルームは男女共用で、2階に1つ、1階にも1つあります。
正直あまりきれいじゃないので、私的にはぎりぎり・・・。

また、部屋が狭く、共用スペースもあまりないので、長居するにはあまり適さないかもしれません。
が、オーナーさん(20代の陽気なイケメン)とそのお父さんがとても親切で、チェックアウト後も荷物を預かってくれたり、キッチンを使えたりして、その点ではとても居心地がいいです。

また、メトロが動いていれば、セントロや空港へのアクセスも良いので、よい宿だと思います。
空港のアクセスはこちらを参照>>

kumi;

 


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>