ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

2014/06/22

sagres 240x240 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへポルトガルに行くならぜひ行きたいと思っていたのがサグレス
沢木耕太郎著「深夜特急」にも出てくるポルトガルの南西端にある岬で、ポルトガルビールの名前にもなっています。
サグレスに行って、サグレスのビールを飲むことを目標に、あまり時間がないにもかかわらず、わざわざ果ての地までやってきました。

リスボンから、サグレスに近いラゴスという町までバスで4時間、さらにラゴスからサグレスへは1時間かかります。
※バスの詳細情報は下記
サグレスは、ポルトガルの最西南端であり、またユーラシア大陸の最西南端でもあります。

map1 400x265 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

サグレスの場所


map2 400x265 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

(拡大MAP)ラゴスからサグレスへはバスで1時間くらい


マドリード・リスボンとずっと晴れていたのに、サグレスに向かうと曇り空。
最果てだからこんな天気なのか、たまたまなのか・・・。

P6170871 550x366 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

バスを降りてすぐのところにあった古い大砲


最西南端の岬はサグレスの町から6キロのところにあり、さすがに歩いて往復するのはつらいので、自転車を借りることにしました。

値段は半日で8ユーロと高い・・・。
どうしようか迷っていると、「1時間4ユーロ」の記載を発見。
6キロ行って帰ってきて1時間で間に合うか不安ですが・・・、「間に合わせよう!」とレンタルすることに。

sagres 02 550x366 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

自転車


道は舗装されていますが、車もよく通るので注意しながら走り始めました。
途中、ビーチになっているところも。

sagres 03 550x366 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

ビーチで楽しむ人たちも


ゆるやかな上りと下りが続き、きついな~と思っていたら、ようやく最果ての灯台が見えてきました。

P6170878 550x366 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

灯台だ!


sagres 04 550x366 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

サン・ヴィセンテ岬を示す看板


最果ての地はもっと閑散としていると思いきや、観光客で賑わっていました。

sagres 05 550x366 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

観光客がたくさん


さっそくお目当ての品を購入します。

sagres 06 550x366 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

もちろん売っているサグレスのビール!


P6170886 550x366 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

サグレスでサグレスを飲む、目標達成!


P6170890 550x366 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

崖のぎりぎりまで行くと波の迫力を感じます


P6170893 550x366 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

ユーラシア大陸の最西南端にある灯台と建物


この時点で、自転車を借りてから約40分が経過。
急いで町に帰ります。

sagres 08 550x366 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

途中の要塞のような建物


sagres 09 550x366 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

かわいい陶器のお店(中は見ず・・・)


自転車屋さんに戻ったら、15分くらい遅れてしまったのですが、優しい店員さんに「ノープロブレム!」と言ってもらい、無事に返すことができました。


バスまで少し時間があったので、エッグタルトを買って食べ、ラゴスの町へと帰りました。

sagres 10 550x366 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

エッグタルト


実際に沢木耕太郎さんが旅したのは今から40年前くらいで、サグレスの町の雰囲気は今と全く違ったと思います。
岬への道も今のように舗装されていなかったでしょう。
短い滞在でしたが、本で読んでから行きたいと思っていたサグレスの町と最西南端の岬まで行けて満足でした。


ちなみにラゴスの町はマリーナがあるおしゃれな港町。
こちらも観光客が多く、おしゃれな服や雑貨のお店、そしてなぜか不動産屋が多かったです。
私たちは、今回はサグレスに行くためだけにラゴスに行きましたが、ラゴス自体もリゾート地として楽しめそうです。

ragos 01 550x366 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

まさにリゾート地、という雰囲気


ragos 02 550x366 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

ヨットや船が多く停まっていました


ragos 03 550x366 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

メリーゴーランド


ragos 04 550x366 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

別荘物件なのか・・・?たくさんあった不動産屋


≪バス情報/サグレスのアクセス≫

●リスボンからラゴスへ

リスボンからラゴスのバスはひとり20ユーロ(約2800円)。
私たちはその日のうちにサグレスまで行きたかったので、朝早い8時15分発のバスにしました。

バスターミナルは、地下鉄(青いライン)の「Jardim Zoologico」駅のとなりにあります。

go to Sagres 01 550x412 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

バスターミナル


バスのチケットはネットで購入しました。
Rede-expressosのサイトでチケットを買ったところ、朝8時15分のバスはEVA社のものでした。

*サイト→http://www.rede-expressos.pt/
ポルトガル語のサイトですが、英語にも切り替えられます。
なぜかクレジットカード払いができず、Paypal払いになりましたが、無事に買えました。

バスターミナルに着いたら、窓口ではなく機械で発券します。

go to Sagres 02 550x412 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

発券機


バスは途中休憩をはさみ、12時過ぎにラゴスに着きました。


●ラゴスからサグレスへ

EVA社のバスで、ひとり3.85ユーロ(約530円)。
1~2時間に1本出ています。

私たちは12時過ぎにラゴスに着いたので、12時40分のバスでも間に合ったのですが、宿に荷物を置いてから出発したかったので、次の13時35分のバスにしました。

このバスは、地元の人も乗っていて、いくつか町に停車します。
どこものんびりとした町ですが、中には観光客らしき人がいたり、雰囲気の良いホテルもありました。

sagres 01 550x366 ユーラシア大陸の最西南端、サグレスへ

サグレス行きのバス


●サグレスからラゴスへ戻るバス

サグレスからラゴスへ戻るバスも、だいたい1時間に1本くらいあります。
夕方は、17時25分、18時30分、19時35分のバスがありますが、これは平日の場合で、土日は19時10分だけのよう。
ラゴスのバスターミナルで時刻表をもらえます。

私たちはサグレスに3時間くらい滞在し、17時25分のバスで帰ってきました。


kumi;

 


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>