ポルトガルのホステル(宿)情報/リスボン・ラゴス

2014/06/23

hostel 240x240 ポルトガルのホステル(宿)情報/リスボン・ラゴスポルトガルで泊まった宿を紹介します。
首都リスボンと、南西部の港町ラゴスの2つです。

●リスボン
Lisbon Old Town Hostel

ドミトリー(10人部屋)、ひとり1泊13.5ユーロ(約1890円)。
Booking.comで予約しました。
週末だったこと、また夏のハイシーズンだったので、少し高めだったかもしれません。
このホステルで一番よかったのは、ドミトリーの部屋が広いこと!

各ベッドにコンセントがあり、またライトもついていて、10人部屋でも快適に過ごせました。

lisboa hostel 02 550x366 ポルトガルのホステル(宿)情報/リスボン・ラゴス

部屋。広くて天井も高いです


lisboa hostel 03 550x366 ポルトガルのホステル(宿)情報/リスボン・ラゴス

各ベッドについているコンセントとライト


色使いや小物がおしゃれなのも、このホステルの特徴。
共用スペースにソファが複数あり、どこもおしゃれな空間になっていて、快適に過ごせます。

lisboa hostel 08 550x366 ポルトガルのホステル(宿)情報/リスボン・ラゴス

共用スペースのソファ


シャワー・トイレは男女別になっています。
私の部屋(フロント階)にある女性用バスルームは、シャワー2つ・トイレ1つで、若干狭いですが、きれいに保たれていて使いやすかったです。
若干、シャワーの排水が悪かったですが・・・。

おそらく別フロアに女性専用ドミトリーがあり、そちらの方にも女性用バスルームがあったからか、混み合うことはありませんでした。

lisboa hostel 04 550x366 ポルトガルのホステル(宿)情報/リスボン・ラゴス

シャワー


朝ごはんは、シリアル種類いろいろ、パン、ジャム、チーズ、コーヒー、ミルク、ジュースがあり、お昼くらいまで置いてあるので、ゆっくり起きても大丈夫!

lisboa hostel 05 550x366 ポルトガルのホステル(宿)情報/リスボン・ラゴス

朝ごはん(の一部)


lisboa hostel 06 550x366 ポルトガルのホステル(宿)情報/リスボン・ラゴス

ダイニング


キッチンもあり、食器も揃っているのですが、なぜか自炊する人は私たちのほかにいませんでした。
ヨーロッパに旅行に来ている人は短期の旅行者が多いせいか、また魅力的なバルが多いからか、外でごはんを食べる人が多いようです。

lisboa hostel 07 550x366 ポルトガルのホステル(宿)情報/リスボン・ラゴス

キッチン


もちろん、Wi-Fiも問題なく使えます。
(フロントから遠ざかると若干弱くなりましたが)

スタッフがフレンドリーで、リスボンの観光名所への行き方を教えてくれたり、何もなくてもよく声をかけてくれたりしました。

lisboa hostel 09 550x366 ポルトガルのホステル(宿)情報/リスボン・ラゴス

親切なスタッフ


ベッド数が少ない部屋の方が値段が高いのですが、そうすると部屋も狭くなるので、かえってベッド数が多い部屋の方が開放感があるように感じました。

私たちが泊まったのは10人部屋で、同室のフランス人の男の子のグループが遅くまでバルで飲んで帰ってきたこともありましたが、ベッド同士が離れているせいか、物音はさほど気になりませんでした。

とはいえ、8ベッドや10ベッドの部屋は、男性の宿泊客がほとんどだったので、女性ひとりだと泊まりにくいかもしれませんが・・・。

週末は混み合っていてほぼ満室状態、月曜になったら人は減っていました。
リスボンの坂道の中、宿を探し歩くのは大変だと思うので、特に週末に泊まる場合は事前に予約しておいた方がいいと思います。


≪Lisbon Old Town Hostelのアクセス≫
住所:Rua do Ataide 26A リスボン
最寄り駅は、地下鉄のBaixa Chiado駅(青のラインと緑のライン)。

リスボンの町は坂が多いので、距離はそんなになくても荷物を持って駅から宿に向かうときはしんどかったです。

鉄道駅でもあるCais do Sodre駅までは1駅、ホステルから歩いて向かうときは坂を下って10分弱。
そのままテージョ川沿いを歩けばコルメシオ広場に出ます。
観光にも便利な立地で、周りにもいくつか大型のホステルがありました。

lisboa hostel 01 550x366 ポルトガルのホステル(宿)情報/リスボン・ラゴス

ホステルの入口



●ラゴス
Caravela House(Pensao Caravela)


ダブルルーム、ふたりで1泊25ユーロ(3450円)。
HOSTELWORLD.COMで予約しました。

個室ですがトイレ・シャワーは共同、Wi-Fiあり、朝食は無しです。
バスタオルを貸してもらえました。

部屋にはダブルベッドと棚(タンス)があり、狭くて荷物を広げるのがやっと・・・。

ragos hostel 02 550x366 ポルトガルのホステル(宿)情報/リスボン・ラゴス

部屋


そして部屋の中に洗面台とビデが・・・。
洗面台は便利でしたが、ビデはかえって邪魔でした。
日本人の感覚としては、シャワーがあるのになんでビデだけ使うの?しかも部屋で??・・・となんとも理解しがたかったです。

ragos hostel 03 550x366 ポルトガルのホステル(宿)情報/リスボン・ラゴス

部屋の中にある洗面台とビデ


トイレ・シャワーは共同でしたが、あまり宿泊客がいなかったせいか、ほぼ専用状態でした。
清潔度はまぁまぁ。
設備は古いですが、そうじはされていました。

ragos hostel 04 550x366 ポルトガルのホステル(宿)情報/リスボン・ラゴス

廊下


ragos hostel 05 550x366 ポルトガルのホステル(宿)情報/リスボン・ラゴス

ダイニングルーム


キッチンは使えないのですが、ダイニングがあり、お皿などは借りられます。

リスボンのホステルで、メロンと生ハムを買ってきている人たちがいて、とてもおいしそうだったのでマネしてみました。
スーパーでパンと生ハムなどを買ってきて、晩ごはんに。

ragos hostel 07 550x366 ポルトガルのホステル(宿)情報/リスボン・ラゴス

生ハムとメロン、チーズ、パンのおしゃれな食事!


ポルトガルでもスーパーで生ハムが買えるので、キッチンがないときの自炊には、簡単サンドイッチがお勧めです。


≪Caravela Houseへのアクセス≫
住所:Rua 25 Abril ,8 ラゴス
ラゴスのバスターミナルから歩いて10~15分くらい。

※ホステルワールドでは「Caravela House」と載っていましたが、宿の看板は「Pensao Caravela」でした。
ragos hostel 01 550x366 ポルトガルのホステル(宿)情報/リスボン・ラゴス

ホステルの入口


近くにおみやげ物屋さんやレストランが多くあります。

ragos hostel 06 550x366 ポルトガルのホステル(宿)情報/リスボン・ラゴス

ホステルの前の通り


kumi;

 


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>