南アフリカ入国&空港からケープタウン市街へ

2014/07/04

fligft 240x240 南アフリカ入国&空港からケープタウン市街へモロッコから一気に飛行機で南アフリカのケープタウンまで南下しました。

●フライト情報
航空会社:エミレーツ航空
ルート:モロッコ・カサブランカ~南アフリカ・ケープタウン(ドバイ経由)

料金はひとり7万円ちょっとでした。
ドバイまで7時間半、乗継の待ち時間が2時間半、ドバイ~ケープタウンまでは約9時間。
長時間のフライトとなりましたが、エミレーツ航空のサービスはなかなか良く、快適に過ごせました。

映画がたくさんあり、「そして、父になる」「Gravity」「Bones(ドラマ)」を見ていたらドバイに到着。
見たかった映画が見られてよかった!

flight 01 400x266 南アフリカ入国&空港からケープタウン市街へ

映画、ドラマが充実!


flight 02 400x266 南アフリカ入国&空港からケープタウン市街へ

飛行機から見たドバイの夜景


そして機内食がなかなかおいしかったです。

flight 03 400x266 南アフリカ入国&空港からケープタウン市街へ

ディナー(赤ワインも)


flight 04 400x266 南アフリカ入国&空港からケープタウン市街へ

朝食


エミレーツ、また利用したいなぁ。


●南アフリカ入国

ケープタウンに着くと、入国審査で「リターンチケットを持っているか?」と聞かれました。
私たちはケープタウンからナミビアへバスで移動する予定だったので、「持っていない」と答えたところ、少し待つように言われました。

これはアメリカと同じパターンで、出国チケットがないと入国できないのか??
そうなったら、キャンセル可能なチケットを買わないといけないなぁ・・・と思いながらしばらく待つと、スーパーバイザーが登場。

南アフリカから先の旅のルートを聞かれたので、ナミビア・ボツワナ・ザンビア・・・と答えると、「紙のトラベルプランはないか?」と聞かれました。

トラベルプランといっても、紙に、日程と町の名前、移動手段(バス会社など)を記載してあればよいようですが、自分たちの旅の予定をわざわざ紙にプリントして用意しているはずもなく、「No・・・」と答えるしかありません。

私たちの他にも数名の旅行者がインタビューを受けているようでした。

Capetown 01 400x266 南アフリカ入国&空港からケープタウン市街へ

人も少なくなった入国審査


そんなやりとりが少し続いたものの、最終的には入国スタンプを押してもらえました。
「南アフリカではリターンチケットか紙のトラベルプランが必要だから、気を付けるようにね」というようなことを言われました。

南アフリカの別の空港もそうなのか、ケープタウンの空港が特に厳しかったのか、いまいち分かりませんでした。

Capetown 02 400x266 南アフリカ入国&空港からケープタウン市街へ

ゾウがお出迎え


●空港から市街へ

無事に入国でき、ケープタウン市街へ向かいます。
ケープタウンにはMy Citiという市バスが走っていて、空港から町へもそのバスで移動できます。
空港を出るとすぐ横にMy Citiの赤い建物があり、窓口でチケットを購入します。

Capetown 03 400x266 南アフリカ入国&空港からケープタウン市街へ

My Citiの待合所


Civic Centerまで、ひとり100ランド(約1000円)。
うち25ランド(250円)はデポジットで払い戻しされ、10ランド(100円)分はチャージされているようです。
なので、実質の運賃は65ランド(650円)です。

ちなみに空港から市街までタクシーなら250ランド(約2500円)と言われました。

Capetown 04 400x266 南アフリカ入国&空港からケープタウン市街へ

立派なカード


バスに乗って30分弱でCivic Centerに到着。
そこからバスターミナルまでは歩いて10分くらい、バックパッカー宿の多いLong Streetまでは歩いて25分くらいです。

*宿情報は次のブログで

Capetown 05 400x266 南アフリカ入国&空港からケープタウン市街へ

ロングストリート


kumi;
 


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>