「憧れの街」は本当だった!ヴェネチア

2014/08/27

venezia 240x240 「憧れの街」は本当だった!ヴェネチアミラノから電車で2時間半、ヴェネチアにやってきました。
乗っている時間は短いのに、電車代はひとり37ユーロ(約5100円)と高い!
セカンドクラスでもこの金額とは・・・。
ブログの情報ではもっと安く、20ユーロ以下だったのですが、8月という時期が悪いのか、これ以上安いチケットはありませんでした。
フィレンツェ~ミラノ間も高く、33ユーロだったので、ミラノをはさむと高くなるのか・・・?

ともあれ、ヴェネチアに着いて駅を出てびっくり!
中世のような建物が街を彩り、運河にボートが行き交っていて、そこはまるで物語の世界。

venezia 01 550x366 「憧れの街」は本当だった!ヴェネチア

ヴェネチアの駅の前の景色


venezia 02 550x366 「憧れの街」は本当だった!ヴェネチア

橋を渡って対岸へ


venezia 03 550x366 「憧れの街」は本当だった!ヴェネチア

橋の上から見えた景色。これがヴェネチア!


ここで私が思ったことは・・・「ディズニーシーみたい!」
まさか本物を見てディズニーを連想してしまうとは(笑)

venezia 04 550x366 「憧れの街」は本当だった!ヴェネチア

水上タクシー


venezia 05 550x366 「憧れの街」は本当だった!ヴェネチア

たくさんの人で賑わうリアルト橋


街を歩いていても、ところどころに水路があり、小さい橋がかかっています。

venezia 06 550x366 「憧れの街」は本当だった!ヴェネチア

小さい橋の上から


街中には花が多く、建物を彩っています。
建物の間を小道が入り組んでいて、迷ってしまいそうになることも。

venezia 07 550x366 「憧れの街」は本当だった!ヴェネチア

小道から広場に


venezia 08 550x366 「憧れの街」は本当だった!ヴェネチア

ボートがたくさん停まっていたところ


ヴェネチアの中心、サン・マルコ広場へ。

venezia 09 550x366 「憧れの街」は本当だった!ヴェネチア

サン・マルコ寺院。鳥が!


venezia 10 550x366 「憧れの街」は本当だった!ヴェネチア

正面の彫刻


venezia 11 550x366 「憧れの街」は本当だった!ヴェネチア

ヴェネチアの政庁


venezia 12 550x366 「憧れの街」は本当だった!ヴェネチア

ドゥカーレ宮殿


venezia 13 550x366 「憧れの街」は本当だった!ヴェネチア

ドゥカーレ宮殿の前から見た運河


ローマ・フィレンツェと同様、この時期はヴェネチアも観光客であふれていました。

venezia 14 550x366 「憧れの街」は本当だった!ヴェネチア

人がたくさん!


venezia 17 550x366 「憧れの街」は本当だった!ヴェネチア

船も渋滞中?


ヴェネチアにはお土産物屋さんもとても多いです。
ヴェネチアングラス、ガラス細工、カーニバルで使う仮面など、素敵な商品を扱うお店がいろいろ。

venezia 15 550x366 「憧れの街」は本当だった!ヴェネチア

水色がかわいかったアクセサリーのお店


venezia 16 550x366 「憧れの街」は本当だった!ヴェネチア

こっちは暖色系の色合い


でもやっぱり、一番の魅力は運河のこの風景。
何度見ても、つい立ち止まって見惚れてしまいます。
「憧れの街」と言われるのも納得!

venezia 18 550x366 「憧れの街」は本当だった!ヴェネチア

「憧れの街」も納得!のヴェネチア


venezia 20 550x366 「憧れの街」は本当だった!ヴェネチア

夕暮れ


ヴェネチア滞在は1泊だけと短く、節約旅行の私たちはボートにも乗りませんでしたが・・・、運河が街の一部になっているヴェネチアの景色を見ただけでも「ヴェネチアに来てよかった!」と思えました。

ローマ、フィレンツェ、ミランの北上したイタリアの旅も、ヴェネチアが最後。
このあとはスロベニアへ向かいます。

venezia 19 550x366 「憧れの街」は本当だった!ヴェネチア

また来たい!ヴェネチア(今度はもっとお金あるときに・・・)


*ヴェネチアで泊まった宿はこちらのブログから→
イタリアで泊まった宿情報(ローマ、フィレンツェ、ヴェネチア)


kumi;

 


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>