ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケット

2014/09/02

Dubrovnik 240x240 ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケットスプリットからいよいよクロアチアのメインの目的地ドゥブロブニクへと移動しました。
スプリットを9時15分に出発するバスで、ドゥブロブニクに着いたのは14時頃、料金はひとり125クーナ(約2300円)でした。
クロアチア内を南下していくのですが、途中ボスニア・ヘルツェゴビナを通るため、パスポートコントロールがあります。
バスに乗ったまま、パスポートをチェックするだけなのですぐ終わり、スタンプもありませんでした。

バスは海岸沿いを走るので、右側のシートに座れば、青いアドリア海を見ることができます。

途中にある小さい町にもビーチがあり、泳いだり砂浜でのんびりしている人たちの姿を見て、私も海で泳ぎたい!とワクワクした気持ちに。

Dubrovnik 01 550x366 ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケット

途中で見えた青いアドリア海


ドゥブロブニクの町に入ると、まるでビルのように大きな船が停まっていました。

Dubrovnik 02 550x366 ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケット

いつかこんな船でクルーズ旅行してみたい!


ドゥブロブニクでもSOBE(ソベ/民家の一部を旅行者に貸している宿)に泊まる予定で、予約はせずにやってきました。

バスターミナルで何軒かSOBEの内容を聞き、キッチン付きで1泊40ユーロ/300クーナ(約5400円)というところがあり、車で連れていってもらうことに。
ずんずんと山を登っていき、着いたのは、Babin Kukというエリア。

Dubrovnik sobe 01 550x366 ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケット

アパート風の大きな建物


Dubrovnik sobe 02 550x366 ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケット

部屋(クローゼットあり)


Dubrovnik sobe 03 550x366 ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケット

プライベートバスルームがあります


Dubrovnik sobe 04 550x366 ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケット

シャワー


キッチンは共用部にありました。

Dubrovnik sobe 05 550x366 ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケット

広くて使いやすいキッチン


Dubrovnik sobe 06 550x366 ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケット

ダイニングスペース


ちょっとしたテラスがあり、そこから見える山の景色がなかなかきれいでした。

Dubrovnik sobe 07 550x366 ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケット

テラスからの景色


家というより、部屋はホテル(ホステル)そのものですが、バスルームもキッチンもきれいで使いやすそうだったので、ここに泊まることにしました。
ただし、かなり山の上の方まで来てしまったので、町へのアクセスが若干不安ですが・・・。
*ここのSOBEの詳細情報はこのブログの一番下で


スプリットのときと同様、着いた日はもう午後だったので、その翌日にフィッシュマーケットへ。

Dubrovnik 04 550x366 ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケット

フィッシュマーケット(魚市場) ※日曜休み


市場はスプリットの方が広く、魚の種類も多かったようですが、ここでも十分に買物を楽しめそうです。

Dubrovnik 05 550x366 ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケット

マグロ


Dubrovnik 06 550x366 ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケット

エビ


マグロ2種類(大きな切り身2つ)とエビ500グラムで、合計122クーナ(約2200円)でした。
意外と高いですが、二人で3食分になる量。

フィッシュマーケットのすぐとなりに、野菜・果物の青空市場もありました。
少量からでも安く買えます。

Dubrovnik 07 550x366 ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケット

新鮮な野菜と果物が並びます


Dubrovnik 08 550x366 ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケット

買物をする人


帰ってお料理!

マグロは、表面だけ焼いてタタキ風に。
しょうがも買っていたので、しょうが醤油を作り、外になっていたレモン(ライム?)をとってきて使いました。

Dubrovnik cooking 01 550x366 ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケット

マグロのタタキ


食べたかった煮魚にも挑戦。
野菜で魚が隠れていますが、こちらもマグロを使い、インゲン・じゃがいも・玉ねぎ・マッシュルームをいれました。

Dubrovnik cooking 02 550x366 ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケット

マグロの切り身で煮魚


Dubrovnik cooking 03 550x366 ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケット

完成!


酒とみりんが無く、しょうゆ・砂糖・しょうが・白ワインでだし汁を作りましたが、とてもおいしくできました。
なつかしい味にとても幸せな気持ちに。


翌日はエビを使って2品。

Dubrovnik cooking 06 550x366 ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケット

エビと、牛乳で作ったクリームソース風のパスタ


Dubrovnik cooking 04 550x366 ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケット

アヒージョのつもりが、エビが多すぎて、エビとマッシュルームの炒め物に


アフリカ旅、その後のトルコ・ブルガリア・イタリアと、あまり自炊をしない生活が続いていましたが、やっぱり自分たちで好きなものを作るのは楽しいです。
旅に出て、さらにyusukeの料理の腕も上がりました。


肝心のドゥブロブニク観光は次のブログで!


≪ドゥブロブニクのSOBE情報≫
泊まったのは、Burum Accommodation(ブラム アコモデーション)
住所:Dubravkina 16, ドブロヴニク

「Hotel.com」や「Hotelscombined」のサイトにも掲載されているようです。

同じ建物に6部屋あり、すべてプライベートシャワー・トイレ付き、ダブルルーム1泊400クーナ(約7200円)~。
私たちの泊まった部屋が一番安い400クーナの部屋で、ベッドとクローゼットのみ。
もう少し高い部屋だと、ソファやデスクも置いてあるようです。

4泊と長く滞在する予定だったため、1泊300クーナ/40ユーロ(約5400円)と安くしてもらいました。
Wi-Fiサクサク、快適です。

宿の立地:
Babin Kukというエリアにあり、町からは6番のバスで宿のまぁまぁ近くまで行くことができます。
バス停から宿までは歩いて5分弱。

宿から町へ出るときは下りなので、車道とは別の道を通って階段でおりて行くことができます。
スーパーやレストラン、インフォメーションがあるHOTEL ZAGREBのあたりまでは歩いて10分くらい。

Dubrovnik 09 550x366 ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケット

割と大きいスーパーがあり、なんでも揃います


フィッシュマーケットや野菜・果物の青空市場があるGRUZ(グルージュ港)のところまでは、歩いて20分くらい。
そこそこの距離がある上、帰りは300段くらいの階段を上らないといけないので、バスで帰った方が無難でしょう。

ただし、バスは1回15クーナ(約270円)と高いので、節約旅行者はがんばって階段で帰りましたが・・・。

Dubrovnik sobe 08 550x366 ドゥブロブニクの宿(SOBE)情報とフィッシュマーケット

心臓破りの階段(約300段)


バスターミナルから宿まで送ってくれた人(オーナーさんの兄弟)が、出発のときは宿からバスターミナルまで送ってくれるとも言っていました。
私たちは最終日は早朝に空港に行かなければならず、さすがにお願いできませんでしたが、バスでドゥブロブニクを出るときにはよいと思います。

宿の設備はきれいで使いやすく、またオーナーの女性もテキパキとしていて親切。
住宅地の中にあり、とても静かで良い環境でした。

が、前述の通り立地はあまり良くないです。
旧市街に行ったりする場合には不便かもしれませんが、多少お金をかけてバスやタクシーを使えば問題ないと思います。

私たちは4泊と長居していて、特に最後の2日間はスーパーにしか出かけないという状態だったので、はじめは不便だと思っていましたが、静かな環境でネットを使いながらのんびりと過ごせました。


kumi;

 


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>