ドゥブロブニク観光、スルジ山から見る旧市街と夕日

2014/09/03

Dubrovnik  240x240 ドゥブロブニク観光、スルジ山から見る旧市街と夕日「アドリア海の真珠」と呼ばれるドゥブロブニク
旧市街の美しさが有名で、特にここ数年は日本でも話題になっている町。
私たちにとっては、ヨーロッパ最後の町となります。

滞在していた宿(SOBE)は旧市街まではかなり遠く、ドゥブロブニク滞在3日目、意を決して観光へ出かけることにしました。
夕日に合わせて、夕方5時頃出発。
バスには乗らず、歩いて旧市街まで行ったら1時間近くかかりました。


海沿いを歩いて行きます。
青い海が本当にきれい!

Dubrovnik 011 550x366 ドゥブロブニク観光、スルジ山から見る旧市街と夕日

フェンスにあった南京錠


Dubrovnik 021 550x366 ドゥブロブニク観光、スルジ山から見る旧市街と夕日

海で泳ぐ人たち


旧市街に到着。
ドゥブロブニクの旧市街は城壁に囲まれています。

Dubrovnik 031 550x366 ドゥブロブニク観光、スルジ山から見る旧市街と夕日

城壁


城壁の上を歩くツアーもあるそうですが、暑い時期は日よけが一切ないので、かなりキツそう・・・。
でも城壁から見る旧市街はとてもきれいだと思います。

Dubrovnik 041 550x366 ドゥブロブニク観光、スルジ山から見る旧市街と夕日

聖ヴラオ教会


Dubrovnik 051 550x366 ドゥブロブニク観光、スルジ山から見る旧市街と夕日

何かのパーティなのか、ドレスを着た人たちが集まっていました


旧市街を抜けてロープウェイの乗場へ。
ドゥブロブニクの旧市街を見下ろせるスルジ山へ登ります。
ロープウェイの料金は、往復でひとり100クーナ(約1800円)。

Dubrovnik 061 550x366 ドゥブロブニク観光、スルジ山から見る旧市街と夕日

ロープウェイ乗場


山頂に到着。
ロープウェイを降りてすぐのところが展望台になっています。

Dubrovnik 071 550x366 ドゥブロブニク観光、スルジ山から見る旧市街と夕日

展望台は2階建てになっていて、これは上から下の展望台を撮ったもの


Dubrovnik 081 550x366 ドゥブロブニク観光、スルジ山から見る旧市街と夕日

ドゥブロブニクの旧市街を一望できます


Dubrovnik 091 550x366 ドゥブロブニク観光、スルジ山から見る旧市街と夕日

青い海に浮かぶ旧市街と、ロクルム島(左にある島)


展望台から全景を撮ろうとすると、どうしても入ってしまうロープウェイのケーブル。
ロープウェイを作ってから、「あ、景色に入っちゃう!」と気づいたのでは・・・。

Dubrovnik 10 550x366 ドゥブロブニク観光、スルジ山から見る旧市街と夕日

でもあえてロープウェイを入れて写真を撮ると、なかなか良い感じです


Dubrovnik 11 550x366 ドゥブロブニク観光、スルジ山から見る旧市街と夕日

山頂にある十字架のところまで行ったら、ケーブルが入れずに写真を撮れました


Dubrovnik 12 550x366 ドゥブロブニク観光、スルジ山から見る旧市街と夕日

旧市街をアップで


Dubrovnik 13 550x366 ドゥブロブニク観光、スルジ山から見る旧市街と夕日

十字架


山頂にはレストランがあり、ドゥブロブニクの町を見下ろしながら食事もできます。

Dubrovnik 17 550x366 ドゥブロブニク観光、スルジ山から見る旧市街と夕日

ムードあるレストラン


Dubrovnik 18 550x366 ドゥブロブニク観光、スルジ山から見る旧市街と夕日

崖の方へ少しだけ降りていくことができます


Dubrovnik 16 550x366 ドゥブロブニク観光、スルジ山から見る旧市街と夕日

そこから町を見下ろす


だんだん日が暮れてきました。

Dubrovnik 19 550x366 ドゥブロブニク観光、スルジ山から見る旧市街と夕日

夕日を見るカップル


sunset Dubrovnik 20 550x366 ドゥブロブニク観光、スルジ山から見る旧市街と夕日

ロープウェイ越しの夕日


sunset Dubrovnik 21 550x366 ドゥブロブニク観光、スルジ山から見る旧市街と夕日

真っ赤に染まったドゥブロブニクの空


山頂には座れるところもあったので、寒い季節でなければ長い時間滞在することもできそうです。

私たちは夕日を見ようと遅めの時間(18時頃)に山頂に到着しました。
そのときはまだ十分明るかったのですが、日が傾き始めていたので、日中ほどクリアな景色ではなかったように思います。
ドゥブロブニク(スルジ山)の観光は、おそらく日中に行った方がオレンジ色の屋根もより鮮やかに、そして海の青さも際立って見えたかもしれません。

ですが、ヨーロッパの締め括りにふさわしい美しい景色を見ることができました。


ドゥブロブニクの次は・・・南米から恋焦がれていたタイへ。
短い時間しか滞在できないのですが、タイ料理を思いっきり堪能してくる予定です。


kumi

 


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>