作成者別アーカイブ: sekai

sekai について

渡辺 久美(わたなべくみ) ========================= ●●大学を卒業後、リクルート入社。 営業として、様々な大手企業の担当を歴任。 その後リクルートエージェントへ出向。●●。 リクルート帰任後は新設部署のマネージャーとして●●。 10年、10年間勤めたリクルートを退職しフリーランスへ転身。 大手メディアでの編集、新規事業立ち上げを経験後、●●。 ========================= 植嶋 悠友 ========================= ポン大卒業し、プラスライフへ入社。 湘南で家を売りながら、大手ファミレスでアルバイト。 ベンツを購入してしまい、多額の借金に見舞われる。 入社後3年目、給料が振り込まれない月が続き、さすがに退職を決心。 kumiさんの勧めもあり、何も知らないままオプトに入社。 その後、メディア関連の部署で趣味程度にマネージャーを経験。 早くに出生してしまったばかりに、ピーターの法則に悩まされる日々。 =========================

【世界一周費用公開】マラウイ

2014/08/01

Malawi 240x240 【世界一周費用公開】マラウイWarm Heart of Africa.
アフリカを旅する人たちの中で有名なのがマラウイを表すこの言葉。
決して治安の良くないアフリカにあって、犯罪率が低く、フレンドリーな人々が多く、長旅に疲れた旅人を癒してくれると言います。
出発前からアフリカの中では最も楽しみにしていた国の一つだったマラウイ。
「一ヶ月でナイロビ到着」と時間がなかったにも関わらず、結局一週間も滞在してしまいました。

それではマラウイで使った費用を公開します。

【滞在日数】6泊7日
【使ったお金】46,296円
※全て二人分の金額です
※期間は2014年7月15日~7月21日7日間

【内訳はこちら】 続きを読む


タンザニアからケニアへ、安全&快適に移動するルート

2014/07/30

Kenya bus 240x240 タンザニアからケニアへ、安全&快適に移動するルートケニアを目指してアフリカを北上する続きです。
*前のブログ:マラウイ(ンカタベイ)~タンザニア(ムベヤ)

タンザニアのムベヤからケニアのナイロビまでなるべく安全に移動したく、ダルエスサラーム(タンザニア)とモンバサ(ケニア)を経由するルートを選択。
ダルエスサラームからザンジバルへ行き、リゾートを楽しむ旅人が多いのですが、私たちはもうリゾートはいいかな…と思い、すぐにケニアのナイロビへ向かうことにしました。
ムベヤを早朝に出発し、その2日後の朝にナイロビに到着しました。

結果的に、選んだバス会社がなかなか良く、ダルエスサラームで泊まったホテルの質も高くて、移動続きだったにも関わらず、ほとんど疲れずに移動することができました。 続きを読む


マラウイ(ンカタベイ)~タンザニア(ムベヤ)の移動&ムベヤのホテル情報

2014/07/29

Tanzania 240x240 マラウイ(ンカタベイ)~タンザニア(ムベヤ)の移動&ムベヤのホテル情報アフリカに来て初めてゆっくり過ごした癒しの地、ンカタベイを出発し、ケニアに向けて北上を再開しました。
まずはタンザニアのムベヤという町へ向かいます。

ざっくり言うと、ンカタベイ~ムズズ~国境越え~ムベヤというルートですが、国境前後で車を乗り換える必要があります。
結果的には合計6台の車を乗り継き、約12時間の移動となりましたが、一日で着くことができました。
以下、マラウイ~タンザニアの移動情報詳細です。 続きを読む


ンカタベイの快適宿とお勧めレストラン

2014/07/25

NJAYA 240x240 ンカタベイの快適宿とお勧めレストラン私の折れた心を癒してくれたのは、ンカタベイ(カタベイ)の人たちの笑顔と、快適な宿でした。
*前のブログ:マラウイで心が折れる>>
ンカタベイで泊まった宿とおいしいレストランを紹介します。

●MAYOKA Village(マヨカ ビレッジ)
欧米人に人気のバックパッカー宿。

ダブルルーム(シャワー・トイレ共同)、1泊1部屋、1万1000マラウイクワチャ(約2850円)。
15%くらい税金がかかり、それを含めると約3200円。
湖沿いにロッジがたくさん建っていて、シャワー・トイレ付きの部屋や、ドミトリーもありました。 続きを読む


マラウイで心が折れる

2014/07/24

P7181692 240x240 マラウイで心が折れる24時間かけて到着したマラウイのリロングウェ。
ザンビアからマラウイの移動>>

アフリカに来てから、急ぎ足での旅が続いていて、比較的快適な宿が多かったものの、狭くて荷物も広げられないドミトリー生活。
ただでさえ潔癖症気味の私には、安宿生活と長時間移動のストレスがたまっていたのかもしれません。

マラウイで、ついに心が折れました・・・。 続きを読む


【世界一周費用公開】南アフリカ・ナミビア・ザンビア

2014/07/24

N 240x240 【世界一周費用公開】南アフリカ・ナミビア・ザンビアアフリカ大陸縦断(北上)の旅は南アフリカのケープタウンからスタート。
「7月30日までにナイロビ到着する」という目標があるため、短期間で見どころだけを巡るスタイル。
まずはアフリカ南部に位置する、南アフリカ・ナミビア・ザンビアの3ヶ国を14日間で駆け抜けました。
アフリカ南部の3ヶ国で使った費用を公開します。

【滞在日数】13泊14日
【使ったお金】133,518円

※全て二人分の金額です
※期間は2014年7月2日~7月15日の14日間
※南アフリカ2泊、ナミビア7泊、ザンビア3泊
※航空券(カサブランカ~ケープタウン)146,163円は別途

【内訳はこちら】 続きを読む


ザンビア(リビングストン)からマラウイ(リロングウェ)へ

2014/07/21

2014 07 14 at 15.37.11 240x240 ザンビア(リビングストン)からマラウイ(リロングウェ)へビクトリアフォールズを堪能した翌日、ザンビアのリビングストンを出発しました。
まるでアトラクション!大興奮のビクトリアフォール>>

目指すはマラウイのリロングウェ
聞いたこともない名前ですが、マラウイの首都です。

まずはリビングストンから首都ルサカへ向かいます。
ルサカまたは国境の町チパタで1泊するか、もしバスがあれば行けるところまで行くつもりで出発。 続きを読む


まるでアトラクション!大興奮のビクトリアフォールズ

2014/07/20

P7131608 240x240 まるでアトラクション!大興奮のビクトリアフォールズ世界の三大滝のひとつ、ビクトリアフォールズ
イグアスの滝(ブラジルサイド)に続き、2回目の滝体験です。

ビクトリアフォールズへは、ザンビアのリビングストンから車で20分。
入場料ひとり150クワチャ(約2500円)を払って中へ入ります。
イグアスの滝は、滝壺に向かってだんだん近づいていくように遊歩道が通っていましたが、ここではいきなり大迫力の滝が目の前に! 続きを読む


ナミビアからザンビアへのバス移動&リビングストン宿情報

2014/07/18

go to Zambia 240x240 ナミビアからザンビアへのバス移動&リビングストン宿情報●ナミビア(ヴィントフーク)からザンビア(リビングストン)までのバス

アフリカ南部で安心の品質を誇るバス会社、INTER CAPE
この路線で乗ることができました。
リビングストン行きは月曜と金曜の週2便で、13時発。
ひとり660ナミビアドル(約6300円)です。

リビングストンまでは22~23時間の長時間移動となりますが、良いバスなので快適!
(ただし、この路線はインターケープのバスの中ではしょぼい方のバスみたいです…) 続きを読む


ナミビアレンタカーの旅、詳細情報

2014/07/17

P70812032 240x240 ナミビアレンタカーの旅、詳細情報首都ヴィントフークからナミブ砂漠の拠点となるセスリムへ行き、スワコップムントをまわってヴィントフークに帰った3泊4日のレンタカーの旅
レンタカー会社、キャンプサイト、レンタルなどの詳細情報とかかった費用をまとめておきます。
旅の様子・ルートはこちら>>>

レンタカー・保険・ガソリン代の合計が約4万円、3人で割って1万3000円くらい。
キャンプサイトやドミトリーの宿泊、入場料、食事を含めた合計は、ひとり2万円ちょっとでした。

≪各費用の詳細≫ 続きを読む