カテゴリー別アーカイブ: 11_ブラジル Brasil(2014.May-Jun.)

サンパウロ観光とホステル情報

2014/06/16

saopaulo 240x240 サンパウロ観光とホステル情報二週間過ごした弓場農場の次に向かったのはサンパウロ
弓場農場近くのミランドポリスからサンパウロまでのバスは120レアル(約5500円)、20時40分発で翌朝6時半くらいに到着しました。
弓場農場での日々>>

バスはが着いたのはBarra Funda(バハ フンダ)のバスターミナル。
予約していたホステルまで1~2駅だったのですが、ワールドカップ直前のこの時期、地下鉄が数日間ストしていて、この日も動いていませんでした。 続きを読む


サンパウロ/グアルーリョス空港へ安く行く方法

2014/06/15

SaoPaulo airport 240x240 サンパウロ/グアルーリョス空港へ安く行く方法サンパウロ市街地からグアルーリョス国際空港へ安く行ける方法を紹介します。
地下鉄とバス、合計7.45レアル(340円)と安く、現地の空港職員などがよく利用しているそうです。

空港へは町からのシャトルバスもありますが、地球の歩き方2012‐2013の情報によると33レアル(約1500円)かかるそう。
それに比べるとかなり安く行くことができ、また乗り継ぎも簡単です。 続きを読む


弓場農場の文化

2014/06/14

yuba2 240x240 弓場農場の文化農作業をお手伝いすることで旅行者が滞在することのできる弓場農場
「耕し、祈り、芸術する」共同農場ですが、弓場農場では特に芸術活動を大切にしています。

短い期間ですが、弓場の方々と一緒に生活し、また弓場農場の歴史の話などをうかがって、農業と芸術と宗教(祈ること)が共存している意味が少しだけ理解できました。
弓場農場の日常生活の様子はこちらのブログへ>>

私たちが滞在していたときにちょうど、リオデジャネイロの日系人の方々が弓場農場に見学に来て、弓場の方々による舞台が披露されました。 続きを読む


弓場農場での日々

2014/06/13

yuba 240x240 弓場農場での日々ブラジルのサンパウロから北西600キロにある、日系の方々が暮らす弓場農場
旅行者を受け入れていて、農作業などのお手伝いをする代わりに、食事と寝床を提供してもらえるため、長期の旅人には有名なスポットです。
コミュニティでの生活に興味があり、出発前から行きたいと思っていました。

私たちが滞在したのは5月下旬~6月上旬の約二週間。
ちょうどワールドカップ前で通常時より旅行者の数が多く、男女合わせて約20名いました。
長い人では1年以上という人もいましたが、だいたい1ヶ月くらい滞在する人が多かったようです。 続きを読む


雨の中、イグアスの滝へ(ブラジル側)

2014/06/09

iguazu taki 240x240 雨の中、イグアスの滝へ(ブラジル側)パラグアイのシウダー・デル・エステからブラジルへ入り、イグアスの滝へと出かけました。
今から3ヶ月前にブエノスアイレスにいた私たち。
そのときにアルゼンチン側からイグアスの滝を見に行く予定でしたが、ブエノスアイレスからはバスで24時間かかることに怖気づき、パラグアイに行ったときにブラジル側から見に行くことにしました。

ブラジル側のイグアスの滝の拠点となる町、フォス・ド・イグアスには泊まらず、その日の夜行バスで移動する予定だったため、長距離バスターミナルで大きな荷物を預けました。 続きを読む


パラグアイから弓場農場へのアクセス

2014/06/01

gotoYUBA 240x240 パラグアイから弓場農場へのアクセスパラグアイのシウダー・デル・エステから、ブラジルの弓場農場への行き方についてまとめておきます。

イグアス移住地のペンション園田からシウダー・デル・エステまでは車で30~40分。
シウダー・デル・エステは国境の町で、免税店が多くあり、電化製品などが安く買えるそうです
私たちは時間がなかったので行きませんでしたが、イミグレーションの近くにも大きなお店がありました。

また、道に両替商の人が多くいます。
私たちはすぐに市内バスに乗る予定だったので、米ドルで20ドル分だけ両替してしておきました。
ブラジルに入ると、町中で銀行のATMをなかなか見つけることができなかったので、ここで両替しておいて正解でした。 続きを読む