【世界一周費用公開】イタリア

2014/08/27

italia 240x240 【世界一周費用公開】イタリア旅をするなら、本来僕は途上国の方が惹かれるのですが、アメリカやスペインに行ってみて、やっぱりすごいなと思い、予算オーバーしているにもかかわらず行こうと決めたイタリア。
イタリアでかかった費用を公開します。

【滞在日数】7泊8日
【使ったお金】103,409円
※すべて二人分の金額
※航空券(ソフィア~ローマ)の24,222円は別途
※期間は2014年8月14日~8月21日の8日間

【内訳はこちら】

移動費(電車・バス・メトロ)33,263円(1日:4,158円)
宿泊42,070円(1日:6,010円)
食費21,318円(1日:2,665円)
観光0円
その他雑費6,758円(1日:845円)
合計103,409円(1日:12,926円)

せっかくイタリアに行くならと、ローマ、フィレンツェ、ミラノ、ヴェネチア・・・と4都市を満喫してスロヴェニアに抜けるルートを組んでみました(笑)
本当ならナポリなどの南イタリアにも行ってみたかったのですが、ローマ行きの航空券が安く、そこから北上するルートになりました。

結果、一日平均12,926円となりました(二人分)。
※航空券を除いた、移動(電車・バスなど)、宿代、食費、観光、雑費などの金額です。

想像通りですが、イタリアの物価は高い!

ドミトリーの1ベッドが1泊約4,000円!!
これまでの旅では考えられない物価です。

宿泊だけで予算オーバーなので、もう予算を気にしていたら何も出来ません。
せっかく来たのだから、イタリアでは食事も楽しもう、と自分に言い聞かせ、いちいち物価にショックを受けないように気をつけながら旅をしました。

その結果、ふだんから予算に疎い久美さんのように楽しむことができました(笑)

≪滞在日数≫
・ローマ(2泊)
・フィレンツェ(2泊)
・ミラノ(2泊)
・ヴェネチア(1泊)
合計:7泊8日

milano 01 400x266 【世界一周費用公開】イタリア

ミラノのドゥオーモ


≪飛行機≫
24,222円
ブルガリアのソフィアからローマへのフライト料金、利用したのはハンガリーのLCC大手「WIZZ AIR」です。

私たちのフライトは朝6時。
チェックインが2時間前なので、朝4時に空港に到着する必要がありますが、そんな時間に公共の交通機関は動いていません・・・。

そんな時に便利なのが空港泊
これまで何度か空港に泊まっていますが、トイレがきれいだったり、ベンチで横になれたりと、意外と快適なことが多いのです。

が、ソフィア空港は違いました。

というのも、ソフィア空港にはターミナルが二つあり、どうやら多くの国際便は新しいターミナル2を利用し、WizzAirはじめLCC各社はターミナル1を利用しているようです。
ターミナル1は、トイレこそ清潔でしたが、建物は古く、ベンチも少なく、建物内では水も買うことが出来ません。

さらに他LCCの早朝便も多く、空港泊をする人数が多いので、横になるためにベンチを占拠するのは難しいこともあります。

LCCを利用する以上、仕方のないことかもしれませんが、LCC利用でソフィア空港泊を考えている人は、早めに空港に向かうなどした方がよいと思います。

*参考ブログ:トルコからブルガリアへのバス移動&ソフィア市内交通、空港泊情報>>
(ページ下部にソフィア空港情報あり)


≪飛行機以外の移動≫
33,263円

イタリア都市間の移動は、鉄道が便利です。
ハイシーズンのせいか事前に調べた情報よりもかなり高く、ローマ~フィレンツェ~ミラノ~ヴェネチア間をセカンドクラスで移動して、3万円(二人分)ほど使いました。

その他は、ローマのフィウミチーノ空港からテルミニ駅へのシャトルバス約1,500円(二人分)と、ローマ、ミラノで利用したメトロの料金です。

イタリアの鉄道は、TRENITALIAという会社が全ての都市を結んでおり、時間や予算に合わせてチケットを買うことが出来ます。
私たちはWEBサイトで安い時間を確認しつつ、当日(または前日)駅でチケットを購入していました。
*TRENITALIAのWEBサイト→http://www.trenitalia.com/

italia 01 400x266 【世界一周費用公開】イタリア

タッチパネル式で使いやすい、鉄道の券売機


ちなみに、鉄道を利用する際は、電車に乗る前にチケットに「打刻」する必要があります。
ローマではそのことを知らずに、助けてもらった青年に1ユーロのチップを払うことになってしまいました。
ひとり5ユーロずつと請求されたのですが、小銭を持っておらず、1ユーロだけ渡したら怒って去っていきました・・・。

italia 03 400x266 【世界一周費用公開】イタリア

この機械でチケットに打刻します


打刻用の機械は駅のホーム入り口周辺に必ずありましたので、乗る前に忘れずに打刻しましょう。
打刻しなかった場合も罰金をとられることはないと思いますが・・・。

【電車の料金】
ローマ~フィレンツェ・・・21ユーロ(4時間半)
フィレンツェ~ミラノ・・・33ユーロ(4時間)
ミラノ~ヴェネチア・・・37ユーロ(2時間半)
※2014年8月
いずれもセカンドクラスの金額です

italia 02 400x266 【世界一周費用公開】イタリア

慣れると簡単で便利!イタリアの鉄道


≪宿泊≫
42,070円
1泊約6,000円。
久美さんの友人宅に2日間お世話になっているので、実際に宿に泊まった5泊の平均は8,500円です(二人分)。

金額的にはアメリカ(約8,000円)に近いのですが、アメリカの場合はホテルの個室だったことを考えると、イタリアではヴェネチアを除きすべてドミトリーで、トイレ・シャワーは共同だったので、イタリアの方が割高な印象です。
(今回は各都市の滞在時間が短かったので、駅に近いホステルを選んでいたことも影響しているかもしれません)

どのホステルを選んでも、高いだけありそれなりの設備や清潔さは担保されていると思います。


そんな中で印象的だったのがフィレンツェで泊まった「HOSTEL ARCHI ROSSI」
ここのホステルの朝食はすごい!
よくあるブッフェ形式の朝食ですが、どこにでもあるシリアルやヨーグルト、卵、パン、コーヒーに加えて、ラザニア、ティラミス、アイス、、、
朝から?というメニューが、食べきれないほど並んでいます。

ここで朝食を食べたら、お昼ごはんは食べる必要がないほどです。

firenze hostel 09 400x266 【世界一周費用公開】イタリア

朝からラザニアやティラミスが並ぶビュッフェの朝食


また、夜もホステル内のレストランでピザやパスタが食べられます。
通常4ユーロほどのメニューですが、僕たちが泊まった日は日替わりメニューのマルゲリータが1ユーロで食べられました。
味は日本の冷凍ピザのようでしたが。。

少し高いホステルですが、食費のことを考えるともしかしたらお得なホステルかもしれません。
そうでなくても、取り敢えず朝食目当てに1泊してみることをお勧めします。

*参考ブログ:イタリアで泊まった宿情報(ローマ、フィレンツェ、ヴェネチア)>>


≪食費≫
21,318円
1日平均約2,665円。

普段から生活の中で「食事」が重要で、その中でもイタリア料理には目がない久美さん。
物価は高いですが、毎日1食はおいしいイタリアンを食べることにしました。

現地に住んでいる方のブログ等から「現地人も通う」おいしいレストランを事前に何軒かチェック。
ローマに着いて早速レストランに向かいましたが、不運なことにどのお店も休み。

それどころか、バカンスシーズンのど真ん中に来てしまったため、ほとんどのお店は閉まっていました。

結局こんな時期にも開いている観光客向けのレストランに入りパスタを注文するも、大失敗!
作りおきのパスタを温め直して出されたようでした。。。
*参考ブログ:間違いなく美しいローマ・・・なのに食事に失敗!?>>

その後、数少ない選択肢の中から慎重にお店を選び、一応おいしいパスタにもありつけました。
特にカルボナーラは、日本で食べるものと違い、とても美味しかったです。
ローマ風カルボナーラといって、バターと生クリームを使っていないソースでした。

Roma food 05 400x266 【世界一周費用公開】イタリア

ローマ風カルボナーラ


italia 04 400x266 【世界一周費用公開】イタリア

フィレンツェで食べた魚介のパスタはおいしかったけど、日本でも食べられるような・・・そして高かった(1500円くらい)


いいお店が見つからなかったときは、イタリアに来ているにも関わらず、中華に通うこと3回。

中でもフィレンツェで2度もお世話になった「MIYABI」というお店はとにかく安い!
唐揚げ(3つ)1ユーロ、ライス1ユーロ、酸辣湯スープ2ユーロを付けて、4ユーロで立派なセットメニューになります。
その他、麺類も4ユーロで食べられます。

味は、冷凍食品とサトウのゴハンという感じですが、長期旅行中にこの味は嬉しいですね。
※フィレンツェの宿情報のページに詳細情報あり

firenze chinese 05 400x266 【世界一周費用公開】イタリア

メニュー豊富なフィレンツェの中華料理、MIYABI


その後、ミラノで久美さんの友人に連れて行って頂いたレストランは別格。
発泡白ワインに、前菜の白身&サーモン他魚介。
メインのフィオレンティーナ(フィレンツェが本場のTボーンステーキ)と全て最高でした。

*参考ブログ:ミラノで見つけた幸せ>>
(ミラノで食べたおいしいイタリア料理情報あり)

milano food 04 400x266 【世界一周費用公開】イタリア

信じられないほどおいしかったフィオレンティーナ


「イタリアに行ったけど、日本のイタリアンの方が美味しい」という話を聞いたことがあり、イタリア滞在前半ではそれを信じて疑わないどころか、「サイゼリアのほうが美味しいのでは・・・」と思っていましたが撤回します。
現地の人がふだん行っているようなレストランはやっぱり美味しいです。

イタリアに行く際は、時期に気をつけ、事前に十分調査してから行くようにしましょう。


≪観光≫
0円
イタリアでも入場料を払うようなところには入りませんでした(笑)

もちろん入場料が高いこともありますが、それ以上に夏休み故の炎天下&行列を見て諦めたり、天気が悪かったりで諦めました。
ヴェネチアでも、船にも乗らず徒歩だけで観光しました。

「せっかくイタリアに来て」とも思いますが、そんなことを言い始めたら世界中どこでも「せっかく」なわけで、長いこと旅をしているうちに、本当に興味のある自然遺産でなければ、すぐに諦められるようになりました。

venezia 03 400x266 【世界一周費用公開】イタリア

ヴェネチアの風景


「憧れの街」は本当だった!ヴェネチア>>


≪その他雑費≫
6,758円
一日平均845円。

滞在も短く、物価も高い国だったので、余計なものは買わず、たまにビールを飲むくらいで過ごしました。

ビールはレストランで頼むと小(250ml)で3~4ユーロ。
スーパーで500mlで1~2ユーロでした。

高くてびっくりしたのは、よく道で見かけるキオスクのようなミニショップで買ったジュース。
350mlのファンタレモンが3ユーロ(420円)もしました!
ローマでコロッセオを見に行ったとき、とても暑く、どうしても冷たい物が飲みたかったので、つい買ってしまいました・・・。

節約しているつもりでもこれだけ使ってしまったのは、ジェラートをちょこちょこ食べていたため。
イタリアにはジェラート屋さんが多くあり、とてもおいしそうなので、見かけるとつい食べたくなってしまいます。

値段は2~3ユーロ(280~420円)ですが、うっかりチョコのコーティングがかかっているコーンを選んでしまったりすると、6ユーロ(約840円)もしたりするので注意!

italia 05 400x266 【世界一周費用公開】イタリア

(買わなかったけど)おみやげにも良さそうなレモンのお酒。いろいろなところで売っていました


どの街にも美しい川があり、街並み(建物)と川の景色がとても印象的だったイタリア。
もちろん節約しながらでも十分に楽しめましたが、次は船に乗って各都市を巡るような豪華な旅でイタリアにまた来たいと思いました。

yusuke;

 


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>