【世界一周費用公開】トルコ・ブルガリア

2014/08/22

turkey 240x240 【世界一周費用公開】トルコ・ブルガリアアフリカ脱出の時点で既に予算オーバーしてしまった私たちの旅。
想定通りにはいかず予算は尽きてしまったわけですが、せっかくの機会なので旅を続けています。
*参考ブログ:300日経過で予算オーバー!>>

トルコ、ブルガリアで掛かった費用を公開します。

【滞在日数】14泊14日
【使ったお金】120,564円
※すべて二人分の金額
※航空券の127,217円は別途
※期間は2014年7月31日~8月13日の14日間
※トルコ10泊、ブルガリア4泊

【内訳はこちら】

移動費(バス・メトロ)26,177円(1日:1,870円)
宿泊44,488円(1日:3,422円)
食費17,727円(1日:1,266円)
観光13,727円(1日:981円)
その他雑費18,445円(1日:1,318円)
合計120,564円(1日:8,612円)

※トルコで1泊2日のネムルトダーゥツアーに参加したため、宿泊費は13日分で計算しています。

予算オーバー後の最初の国、トルコ。
お互いトルコには2度行っていますが、kumiさんの友人がイスタンブールに住み始めたということもあり、出発前からもう一度行こうと決めていました。
そして、せっかくトルコに行くのであれば隣のブルガリアにも寄ってみよう、と。

結果、一日平均8,612円となりました(ふたり分)。
航空券を除いた、移動(バスなど)、宿代、食費、観光、雑費などの金額です。

トルコもブルガリアも物価は安くありませんでした。
特にトルコは3年前に来た時と比べてさらに高くなっていてビックリ。
ただ、それ以上に「どうせ予算オーバーしてるし・・・」という気持ちから逆に節約を怠り、ちょっと良いホテルに泊まってしまったことは否めません。

でも、いろいろな国をまわったあとに改めてトルコに行って、食事は美味しく、人がとても親切で「やっぱり好きだな~」と思いました。

turkey 01 400x266 【世界一周費用公開】トルコ・ブルガリア

ブルーモスク前で会ったトルコの大学生


≪滞在日数≫
トルコ
・イスタンブール(3泊)
・夜行バス/イスタンブール~マラテヤ(1泊)
・ネムルトダーゥ(1泊)
・シャンルウルファ(3泊)
・エディルネ(2泊)

ブルガリア
・ソフィア(3泊)
・空港泊/ソフィア(1泊)

合計:14泊14日
※最終日は早朝の飛行機でイタリアへ飛んだため14泊14日としています


≪航空券≫
127,217円
ナイロビ~イスタンブールへの移動が11万1717円(トルコ航空)。
シャンルウルファ~イスタンブールのトルコ国内便が1万5500円(ペガサス航空)。
※いずれも二人分の金額

トルコ国内はバスだけでなく、LCCでの移動も便利です。

イスタンブール~シャンルウルファ間は、バスを乗り継げば約20時間、ひとり5,000円ほどで行くことが出来ます。
飛行機の場合は1時間半で7,500円前後でしたので、時間と予算によって検討すると良いと思います。


turkishair food 400x266 【世界一周費用公開】トルコ・ブルガリア

ケニア~トルコの機内食(トルコ航空)


≪飛行機以外の移動≫
26,177円

昔ながらの素朴な雰囲気が残る東トルコが好きな私たちは、イスタンブールからアンカラ、マラテヤを経由してシャンルウルファへ向かいました。
また、イスタンブールに戻った後はブルガリアへ抜けるルートだったため、イスタンブールからエディルネ、ソフィアへとバスで移動しています。
その長距離バスで掛かった料金がひとり約1万円でした。

*参考ブログ:
イスタンブール~アンカラ~マラテヤの移動情報>>
エディルネ~ソフィアの移動情報>>

turkey 04 400x266 【世界一周費用公開】トルコ・ブルガリア

バス移動の途中で停まったカフェ


また、イスタンブール市内での移動は「イスタンブールカード」がお勧めです。

カードを6トルコリラ(約300円)で購入した後は、日本のスイカと同様、チャージしながら使えるカードです。
このカードを使って市内の交通機関を利用すると、カード無しの場合の料金のほぼ半額で利用できます。

また、メトロやトラムはもちろんアジアサイド、ヨーロッパサイドを結ぶフェリー、空港からのシャトルバスでも利用できますし、複数名で共同利用も可能です。
※シャトルバスは半額にはなりません。

2~3回市内のトラムまたはフェリーを利用すれば元が取れますし、カード代の6リラ(約300円)はデポジットで返ってくるはず、です。

キオスクで払い戻しができると聞いたのですが、私たちは結局受け付けれてもらえませんでした・・・。
運が良ければ6リラも戻ってくるかもしれません。

*参考ブログ:魅惑のトルコ雑貨&イスタンブール宿情報>>
(ブログ下段に市内アクセス情報あり)

turkey 03 400x266 【世界一周費用公開】トルコ・ブルガリア

イスタンブールの町を走るトラム


≪宿泊≫
44,488円
1泊平均3178円。
バス泊や空港泊を除くと、実質11泊、1泊平均4000円(二人分)となります。

イスタンブールとソフィアでは安い宿はなかなか見つからずドミトリーでも20ドル前後。
ヨーロッパに近づいていることを実感させられました。

そんな中でもブルガリア・ソフィアのHOSTEL MOSTELは、朝食だけでなく、夕食&ビール1杯込みで約20ドル。
居心地も良く、おすすめのホステルです。

*参考ブログ:
イスタンブール宿情報>>
ソフィアのおすすめ宿「HOSTEL MOSTEL」情報>>

hostel mostel 07 400x266 【世界一周費用公開】トルコ・ブルガリア

お気に入りの宿、HOSTEL MOSTEL


シャンルウルファとエディルネでは少し贅沢してホテルに泊まってしまいました。
値段の割に快適なホテルだったので(ダブルルームで4000円台)、安宿に疲れた時は利用してみても良いと思います。

*参考ブログ:
シャンルウルファ町歩きとホテル情報>>
トルコの最新世界遺産、エディルネの観光・グルメ・ホテル情報>>
(ホテル情報はブログ下の方)

edirne hotel 08 400x266 【世界一周費用公開】トルコ・ブルガリア

トルコ・エディルネ、TUNAホテルのロビー


≪食費≫
17,727円
1日平均約1,266円。

トルコ料理が好きなこともあり、トルコではいろいろなお店で外食をしました。
野菜、肉、魚・・・種類も豊富で、その日の気分で食べるものを選べるのもトルコの魅力の一つ。
食に関して、本当に豊かな国だと思います。

istanbul 03 400x266 【世界一周費用公開】トルコ・ブルガリア

種類豊富なトルコ料理


レストランでお腹いっぱい食べて、一人1,000円ほど。
(イスタンブールのレストランだと、飲み物も含めるともう少し高いかもしれません)
屋台のケバブサンドやスープなら200~300円で済ませられます。

turkey 02 400x266 【世界一周費用公開】トルコ・ブルガリア

ケバブサンド


中でも今回ハマったのは「クンピル(じゃがいも)」と「揚げレバー」などのB級グルメ。

クンピルはイスタンブールでも食べられますが、揚げレバー(レバーフライ)はエディルネの名物料理。
エディルネに行く際は是非お試し下さい!

*参考ブログ:トルコの最新世界遺産、エディルネの観光・グルメ・ホテル情報>>

edirne food 08 400x266 【世界一周費用公開】トルコ・ブルガリア

エディルネで食べたクンピル


また、ブルガリアはとにかくビールが安いです。
2リットルのペットボトルで150円!
宿でフリービールを提供していることにも納得でした。

Sofia 03 400x266 【世界一周費用公開】トルコ・ブルガリア

2リットルの大きなペットボトルのビール(左に置いたのは350mlのペプシ缶)


≪観光≫
13,727円
全てトルコのネムルトダーゥツアーの料金です。

三度目のトルコにして念願のネムルトダーゥ。
山の上にあり、雪が降ると道路が封鎖されるため、夏にしか行くことの出来ない場所です。
また、公共の交通機関もなく、シャンルウルファなど近隣の街発着のツアーに参加するか、タクシーを使うしか行く方法がないなど、行くのが面倒な場所。

今回私たちはマラテヤからの1泊ツアーに参加しました。
バス、宿泊、食事(2食)、入場料(朝日&夕日)を含めて約7,000円(一人)。

他の町からのツアーと違い、ネムルトダーゥから一番近いところにあるホテルに宿泊し、朝日夕日の二度頂上に登れるのがメリット。
周辺の見どころはプランに入っていません。

私たちはネムルトダーゥを楽しみにここまで来たので、このツアーに参加しました。
少し前の情報に比べ料金も上がっていますが、宿泊費と食事付きと考えると納得の金額です。

*参考ブログ:
【序章】念願のネムルトゥダーウ! ~バス情報&ツアー概要~>>
【本編】念願のネムルトゥダーウ!>>

NemrutDag 400x266 【世界一周費用公開】トルコ・ブルガリア

トルコの秘境、ネムルトゥダーウ


≪その他雑費≫
18,445円
※飲み代は食費ではなく、雑費に計上しています

トルコに来た目的の一つは、イスタンブールに移住したkumiさんの友人に会うこと。
カドキョイにある市場を案内してもらった後、同じくイスタンブールに住んでいる日本人ご夫婦、日本語勉強中のトルコ人も交え飲みに行きました。

イスラム教徒が多いトルコでは、町中でなかなかビールを買うことが出来ません。
(大きなスーパーでは売っています)
その反動からか、エディルネに到着してBarを見つけてからは2日連続で通ってしまいました。

*参考ブログ:3回目のトルコの楽しみ方>>

edirne food 01 400x266 【世界一周費用公開】トルコ・ブルガリア

ドラフトビール、最高!


ブルガリアでは最後にブルガリア通貨が少し余ったので、kumiさんの洋服やお土産、日用品を購入しました。
*参考ブログ:「好きな町」に急浮上!ブルガリア・ソフィア>>

dress 400x266 【世界一周費用公開】トルコ・ブルガリア

ブルガリアで購入したワンピース


トルコは何回行っても楽しめる国。
隣りのブルガリアは初めてでしたが、町の雰囲気がおしゃれで、他のヨーロッパの国と比べると物価も安いので、節約旅行でも楽しめると思います。
トルコもブルガリアも、また来たいと思えるとてもいい国でした。

sofia town 02 400x266 【世界一周費用公開】トルコ・ブルガリア

おしゃれできれいな人が多いソフィアの町


yusuke;

 


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>