【世界一周費用公開】ボリビア

2014/02/24

boliviano 240x240 【世界一周費用公開】ボリビア南米大陸3ヶ国目、この旅7ヶ国目はボリビア
もともと二週間ほどでチリに抜ける予定でしたが、いろいろ予定が変わり、またまた1ヶ月も滞在してしまいました。
ボリビア滞在にかかった費用を公開します。

【滞在日数】29泊30日
【使ったお金】140,373円

※全て二人分の金額です
※期間は2014年1月20日~2月18日までの30日間

【内訳はこちら】

飛行機以外の移動
(バス・タクシー)
16.021円(1日:534円)
宿泊47,721円(1日:1,646円)
食費38,977円(1日:1,299円)
観光19,494円(1日:650円)
その他雑費18,160円(1日:605円)
合計140,373円(1日:4,679円)

一日平均、4,679円(ふたりで)。
目標予算の1日6,000円を下回り、これまでで最も安く旅できた国となりました。

なお、ラ・パスではこの旅で初めて病院に行きましたが、その費用は含んでいません。(保険でまかなえるため)
*参考:ボリビア・ラパスで病院へ…おしりに注射、初体験>>

LaPaz hospital 03 400x266 【世界一周費用公開】ボリビア

ラパスの病院にて


≪滞在日数≫
・ラ・パス(5泊)
・夜行バス/ラ・パス~ウユニ(1泊)
・ウユニ(9泊)
・夜行バス/ウユニ~コチャバンバ(1泊)
・コチャバンバ(5泊)
・サンタクルス(8泊)

合計29泊30日
4つの都市に平均一週間ずつと長めに滞在しました。


≪飛行機以外の他移動≫
16,021円

ボリビアはバス、タクシーともにとても安く利用できます。
普通の長距離バスであれば10時間で1,000円くらい。
ラ・パス~ウユニ間は、観光客向けのトド・ツーリズモ社のバスを利用し、3,500円でした。(15時間かかりました)
*トド・ツーリズモのバスについては、こちらのウユニ情報ブログの項目5(一番下)に記載あり

タクシーは近場(10分程度)であれば100円、30分くらい乗っても300円くらいでした。
ただし、サンタクルスは物価が上昇していて、タクシー料金も他の町の倍くらいのようです。
※なお、ボリビアでは飛行機は使っていません


≪宿泊≫
47,721円
ボリビアではそれぞれの町で快適なホテルに巡り合えました。

*参考ブログ:
ラ・パスの宿情報>> ※記事の下部
ウユニの宿情報>> ※ウユニ情報ブログ、項目3を参照
コチャバンバの宿情報>> ※記事の下部

ホテルではありませんが、サンタクルスでお世話になった森山さんのお宅は特に居心地が良くて、あっという間の9日間でした。
南米を回っている間にもう一度サンタクルスに帰れるよう、ルートを考え直しているくらいです。
*参考:ボリビア・サンタクルスでの幸せな日々>>

SantaCruz 01 400x266 【世界一周費用公開】ボリビア

サンタクルスでお世話になったお宅


≪食費≫
38,977円
前評判通り、米がパサパサしていてまずく、ボリビア料理には苦労しました。
肉料理などおいしいものもありますが、毎日となるとちょっとキツイです。

なので私たちは、ラ・パスでは日本食や韓国料理のお店に通い、コチャバンバではシュラスコや中華のお店に通い、サンタクルスでは毎日森山さん宅で日本食をお腹いっぱい頂いて、食事を楽しみました。
*参考ブログ:
ラ・パスで食べたおいしい物>>
食の町、コチャバンバでシュラスコ(肉)!>>

ただし、ウユニには通いたくなるようなお店はなく、毎日ハンバーガーやコロッケなどの屋台の軽食を食べていて、すぐに飽きてしまいました。
揚げ物中心の生活で、kumiさんが食あたりになり、ほかにも多くの人がお腹を壊したりしていて、ウユニの食事には苦労している人が多かったです。

yatai 03 400x300 【世界一周費用公開】ボリビア

ウユニで人気の朝ごはん、卵入りコロッケ。おいしくて3日連続で食べたら飽きました。。。


≪観光≫
19,494円
このうち約17,000円がウユニ塩湖へのツアー料金(5回×二人分)です。
とても美しい鏡張りの景色を見られて大満足でした。
ウユニは天候によって見られる景色が違うので、日程に余裕を持って何度かチャレンジするのがお勧めです!

*ウユニ参考ブログ:
1.青空~夕日の鏡張り編>>
2.星空~朝日編>>
3.【ウユニ情報2014】 ツアー申込み方法、ホテル情報、気候条件など>>
4.ウユニ写真館>>


また、サンタクルスから行ける日本人移住区「サンフアン」と「オキナワ」。

「南米への移住」と聞くと、「ブラジル」や「日系●世」など昔のことのようなイメージを持っていますが、ここには1950年~60年頃、当時10代で家族と一緒に移住し、自分たちで南米の地を切り拓いてきた人たちが今でも暮らしています。

資料館を見るだけでも当時の生活や開拓の様子が見え、運が良ければ居住者ご本人にお話を聞くこともできるので、ウユニからウルグアイ、ペルー、チリ、ブラジルへ抜ける前に是非訪れてみてはいかがでしょうか。
*参考ブログ:ボリビアの日本人移住区へ>>

okinawa 10 400x266 【世界一周費用公開】ボリビア

オキナワ移住区にある学校


≪その他雑費≫
18,160円
ボリビアでは、ペルーで我慢していた買い物をたくさんしました。
と言っても「今すぐ使える(着られる)もの」を「荷物に入る範囲で」の買い物です。

結果、僕がTシャツ2枚、ポロシャツ1枚、クロックス(に似たサンダル)。
久美さんがTシャツ1枚、チェックのシャツ1枚、ニットのポンチョ1枚、ニット帽、レッグウォーマー。

合計9点、結構買ってしまったように思いましたが、全部で約4,000円。
特にTシャツは150円~と、ボリビアの物価はとても安かったです。

*参考ブログ:
予算1500円でお買い物!in ラパス>>
コチャバンバの巨大市場・レストラン・ホテル>>

lapaz 400x266 【世界一周費用公開】ボリビア

ラパスにはかわいいニット製品がいっぱい。寒いところで大活躍でした。



1ヶ月間滞在したボリビア。

期待していたウユニ塩湖の風景はもちろん最高でしたが、サンタクルスで過ごした9日間は、実際にボリビアに移住している日本人の方々にお話を聞いたり、ボリビア人のバースデーパーティに招待されたりと、とても充実していて楽しい日々でした。

ボリビアに来てからビジネスで成功した方、お店を始めた方、現地で働いている方、年金を使って生活をしている方など、本当にいろいろな人が日本から移住しています。
実際に移住している方々から「行っちゃえばなんとかなる」という言葉を聞くと説得力があります。

私たちもまた一歩、海外移住の夢に近づいた気がしました。

santacruz 400x266 【世界一周費用公開】ボリビア

サンタクルスで会ったみなさんと


yusuke;

 


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>