【世界一周費用公開】ペルー

2014/01/23

peru nuevoSol 240x240 【世界一周費用公開】ペルー見どころ満載、観光にたくさんお金を使ったペルー。
ペルーの旅に掛かった費用を公開します。

【滞在日数】26日(25泊)
【使ったお金】192,695円

※全て二人分の金額です
※航空券(リマ~イキトス往復)45,825円は別途
※期間は2013年12月26日~2014年1月20日までの26日間


【内訳はこちら】

飛行機以外の移動
(バス・タクシー)
47,267円(1日:1,818円)
宿泊48,514円(1日:2,205円)
※ツアー参加期間を除く
食費27,787円(1日:1,208円)
※ツアー参加期間を除く
観光53,444円(1日:2,056円)
その他雑費15,683円(1日:603円)
合計192,695円(1日:7,411円)

※アマゾン&マチュピチュは、食事・宿泊付きのツアーに参加したため、該当期間(3日間)を抜いて、一日の平均額を算出しています。

一日平均、7,411円(ふたりで)。
ペルーは、アマゾン、洗練された都会のリマ、砂漠とオアシス、マチュピチュ、標高3800メートルにあるチチカカ湖・・・と一つの国と思えないほど見どころが満載。

観光にかなりのお金を使ったため、久しぶりに目標額の6,000円/日を大きくオーバーしてしまいました。


≪滞在日数≫
・夜行バス/エクアドルのグアヤキル~リマ(1泊)
・リマ(7泊)
・イキトス(2泊)
・アマゾン(2泊)
・再び、リマ(2泊)
・イカ&ワカチナ(2泊)
・夜行バス/イカ~クスコ(1泊)
・クスコ(2泊)
・マチュピチュ村(1泊)
・再び、クスコ(2泊)
・夜行バス/クスコ~プーノ(1泊)
・プーノ(2泊)
合計:25泊26日

peru rima sunset 400x266 【世界一周費用公開】ペルー

リマの新市街、ミラフローレスで見た夕日


≪航空券≫
45,825円
リマ~イキトス間の往復の航空券の料金です。
旅のルート上、少し遠回りになりましたが、どうしてもアマゾン源流に近いイキトスからツアーに参加したく足を伸ばしました。
体調に不安があり、アマゾンツアーの日程を決めていなかったため、航空券を片道づつ購入した結果、少しだけ高くなってしまいました。
事前に往復で購入すれば2万円弱(一人)で購入可能です。

≪その他移動≫
47,267円
「グアヤキル~リマ」と「イカ~クスコ」の長距離移動では乗り心地重視でバスを選択。
2区間の移動だけで33,000円掛かっています。
安いバスを使ってもそこまで安くなるわけではないので、良いバスを選ぶことをお勧めします!
*参考:実録!南米の長距離バス、クルス・デル・スルの旅>>

その他、治安に不安があり、夜の移動が多かったリマでは宿のタクシーをよく使い、その合計が6,000円。
日中、市街地へ移動するときなどは乗合バスモトタクシーなどを何度か利用しましたが、とても安く便利でした。

peru bus 400x266 【世界一周費用公開】ペルー

リマで乗った乗合バス


≪宿泊≫
48,517円
ペルーの宿といえば、リマの「お宿 桜子」です。
居心地が良すぎて、年末年始を含め、結局9泊もしてしまいました。
*参考:ペルー・リマの日本人宿で過ごした年末年始>>

オアシスの街・ワカチナでは高級ホテル(と言っても70ドルです…)に泊まったりしましたが、エクアドルに比べて、安くて良いホテルが多いように感じました。
*参考:砂漠の中のオアシス!ペルー・ワカチナで砂漠初体験>>

peru sakurako 400x266 【世界一周費用公開】ペルー

「お宿桜子」の番犬、桜子さん


≪食費≫
27,787円
食費は一日平均約1,200円。
これはこの旅で最も安い記録です。

理由の一つは、自炊が増えたから。
特にお宿 桜子に滞在した10日間はかなり自炊しました(というか他炊・・・作ってもらっていました)。
おかげで料理レパートリーも増え、今度は、鍋で米を炊いて、ハンバーグを作ろうと思ってます。
余ったひき肉でミートソースも作ります。

もう一つは、レストランや食堂が安いこと。
物価の安いグアテマラでもレストランに入ると一食400円前後でしたが、ペルーの安い食堂に入ると一食(スープ+肉または魚+ライス)200円以下です。
また安いだけでなく、バリエーションも多く、おいしいのがペルーの食事の特徴です。
*参考:ペルーのおいしいごはん、まとめ>>

peru food 05 400x300 【世界一周費用公開】ペルー

ペルーの代表料理、ロモ・サルタド。牛肉と野菜を炒めたものと、フライドポテト、ごはん。


≪観光≫
53,444円
こちらは逆に、これまでで最も高くなりました。
それもそのはず、ペルーは見どころが多すぎます。
アマゾンのジャングル(イキトス)、砂漠の中のオアシス(イカ・ワカチナ)、マチュピチュ(クスコ)、チチカカ湖・ウロス島(プーノ)。
他にもナスカなど、今回は飛ばしたけれど行ってみたい所がたくさんありました。

約5万円は、アマゾンとマチュピチュのツアーに使っています。
中南米はかなりツアーがお得で、充実しています。
日本人はあまり好まない「ツアー」ですが、一度検討してみても良いと思います!

*参考ブログ:
アマゾンツアー【前編】イキトスでツアー選び&ロッジはこんなところ>>
アマゾンツアー【後編】ジャングル探検、ヘビ・ナマケモノ・ワニetc>>
マチュピチュへ!長時間ドライブ&トレッキングのつらい道のりの先に>>

MachuPicchu 09 400x266 【世界一周費用公開】ペルー

本当に美しかったマチュピチュ


≪その他雑費≫
15,683円
リマ滞在の前半、ビール&ワインを飲み過ぎたかと思っていましたが、標高が上がった後半は全く飲まなくなったので、これまでと同じような金額です。
アマゾン用に長袖のTシャツを買ったり、トレッキング用に雨用のポンチョを買ったり、またこの旅初めて風邪薬を買ったりもしました。

peru medicine 400x266 【世界一周費用公開】ペルー

ペルーで買ってみた風邪薬。タブレットが大きい・・・


本格的な買い物は物価の安いボリビアのラ・パスまでおあずけです。


気づけば26日間と、またまた長期間滞在してしまったペルー。
特に後半はこれまでにないくらい、いろいろな街を見て回り、積極的に観光しました。

また、南米の旅では「標高」がキーワードだと実感。
町を移動するとき、高度の高いところへ行くときには高山病への注意が必要です。
同じ国の中でも気温差が大きく、また酸素が薄い環境に慣れるまで時間がかかります。
おかげで二人とも風邪をひきました・・・。
*参考:高山病!?クスコ到着&お勧めホテル情報


ジャングル、砂漠&オアシス、インディヘナ(先住民)、マチュピチュなど、本当にいろいろなものが見られる国なので、短期で南米旅行をするならペルーだけに絞ってもいいくらい、お勧めの国です。

yusuke;

 


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>