旅する理由

2013/06/01

「夢」だった世界一周。

サラリーマンのyusukeは会社を辞め、フリーランスの私は仕事を中断して、2013年10月から世界一周の旅に出ることを決意しました。
結婚して3年。ふつうだったら、より仕事を発展(安定?)させたり、子どもができたりと、“生活のど真ん中”にいるはずの30代の夫婦。
そんな私たちが旅に出るきっかけや理由を書きたいと思います。

a1380 000087 244x300 旅する理由
ふたりとも、漠然と「夢」として考えていた世界一周。
一気に現実味を帯びてきたのは、友人の長谷川浩史・梨紗夫妻が2010年に世界一周に出かけたこと。
COOL JAPAN & BOOM JAPAN
~「日本を世界へ」「世界を日本へ」ある夫婦の世界一周プロジェクト!~

長谷川夫婦が無事に帰国したあと飲みに行き、そのあたりから「本当に行けるんだ・・・だったら私たちも行っちゃおうか」と思い始めるようになった。
それが2011年の終わりくらい。

ちなみにこのおふたりは世界一周のあと日本一周にも出かけたという強者。*MUJIキャラバン

本当に行く!?夢から目標へ

本当に行くなら・・・
「いくら必要か」
「いつからなら行けるか」
「どんなルートで行きたいか」


そんなことを考え始めて、漠然としていた“夢”が、具体的な“目標”になった。
a0002 003051 300x199 旅する理由
旅する理由を聞かれると、
「世界遺産をたくさん見たい」
「これから世界遺産になるような、今はまだ無名の名所に行きたい」
「行きたいところがたくさんあって、休みの度に行っても行ききれない。だったら、まとめて行っちゃいたい」


・・・などと言ったりもするのですが、
結局のところ、何を差し置いてでも、旅がしたかった。
それに尽きるのかもしれません。

旅の準備

行けるものならすぐにでも行きたいけど、世界一周の予算としてふたりで400万円くらいは必要。
帰国後の生活費も考えると、貯金もある程度残しておきたい。
彼の会社が7月期なので、出発のタイミングは8月がいいけど、思い立ったその年ではさすがに急。

・・・ということで、2013年夏頃の出発が決定。
家賃をかけないために実家への移住を計画したり、節約したりと、1年半~2年後の出発に向けた具体的な準備を始めました。

日常の中にある旅

せっかくなら自分たちのウェブサイトを作ろうと、サイト名を考えることに。
ひとり10個ずつ紙に書いて発表し、めでたく私が出した案『明日、あさって、世界一周』に決定。

お友達のデザイナーさんにお願いして、サイト用のロゴも作ってもらった。

logo b 300x99 旅する理由
「明日、あさって、世界一周」という名前をつけたのは、
たとえば結婚したら、よく家を買ったり、子どもを持ったりという選択があるけれど、私たちにはそれと並んで「世界一周」という選択肢があった。

今日、あした、あさっての延長に世界一周旅行があるような、、、あくまで日常として旅をしたい。
そんな思いを込めています。

「坂の上の坂」世代の私たち

意外にも、背中を押されたのは、父から勧められた藤原和博さんの本、『坂の上の坂』 旅する理由

*司馬遼太郎の名著『坂の上の雲』の舞台となった明治維新直後の日本は、平均寿命が今の約半分。
坂の上には雲がかかっていて、一山登り終えればそれで無事生涯を終えることができた。
しかし今は、上った坂の上にあるものは、さらに坂かもしれない・・・。

私たちの世代は年金ももらえるか分からないし、悠々と過ごせる「老後」なんてない。
1社に安定して勤め上げられる保障なんてないし、必ずしもそれが幸せとも限らない。
ゴルフにたとえるなら、「7番アイアンで打てばグリーンオン!」というような正攻法は無いので、
見えない雲(グリーン)に向かって、1打ずつ番手を変えながら、少しずつ近づいけばいい。

著者の藤原さん自身も、サラリーマン時代の成功と挫折、フリーエージェントとしての働き方、年収が3分の1になる「校長」職への転職など、いろいろな“番手”で人生を歩まれていて、
親の世代のような方がチャレンジングな人生を送られていることに、とても刺激を受けました。

50~60代向けの本と思いきや、20~30代にも生き方の参考になる本です。

こんな時代だからこそ、自分たちなりの生き方・働き方を考えていきたい。
私たちの世界一周旅行は、そんな挑戦でもあったりします。

≪blog≫
プロフィール>>
行きたいところリスト(写真付き)>>
世界一周の暫定ルート>>
周りの反応>>

【英語留学】なぜフィリピンか>>
【費用公開】フィリピン留学にかかるお金>> フィリピンに来てから実際にかかったお金を集計


カテゴリの最新記事




Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

PR


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>